1 空のはて海のはてまで枯野かな りつ 0
2 鉛筆を削りて春を待つ心 松太 2 暦文_春生
3 あらたまの姿拝謁富士の山 雅宏 0
4 日記買ふひと日を無事と書きたくて 森本哲雄 1 花水木
5 賀状読む昭和歌謡を聞く心地 いつせ 0
6 覚えなき飴玉ひとつ外套に 2 いつせ_ばふき
7 餅搗きや漢六人騒きけり 千鶴 0
8 寒の入足音注目されなくて ばふき 0
9 巾着から餅の出てくるおでんかな 以と 1 百合
10 元朝や大漁旗に日矢射して 春生 1 文夫
11 天蚕の微光を拾ふ冬木山 すずめ 1 りつ
12 山里を抱へ連山眠りけり うらら 1 雅宏
13 元日の牛伸び伸びと横たはる 春生 4 文夫 _丁_ひとみ_ばふき
14 富士眺む4K紅の初日の出 マッキラ棒 0
15 雪降るや書にしたためし座右の銘 花水木 0
16 煖房車貰ひし欠伸もう一つ 文夫 1 郁文
17 あら嬉し口説き上手や福寿草 花水木 1 暦文
18 中村哲落花惜しみて寒牡丹 うらら 1 暦文
19 流行風邪乗り換えごとに連れ込まれ 千鶴 1 郁文
20 マスターの蝶ネクタイへ御慶かな ひとみ 3 すずめ_秀昭_いつせ
21 頃合ひの固さなりけり餅を切る 文夫 0
22 平成に令和重ねん鏡餅 暦文 0
23 みちのくや無音無色のお元日 ひろし 0
24 荒縄で吊つて千本乾び鮭 松太 4 すずめ_以と_りつ_ひとみ
25 川あれば水鳥浮かぶ去年今年 すずめ 1 百合
26 肉塊となりて市場の鮪かな 森本哲雄 0
27 ろばのぱん楽の音高き四日かな すずめ 0
28 板につき初めたる令和去年今年 秀昭 0
29 たま風やをさな児は眼でものを言ひ 冬菊 0
30 初観音仲見世抜けて歌舞伎座へ 雅宏 0
31 よーいどん二羽の水鳥滑走す ひろし 0
32 大安のひと日を残し古暦 5 うらら_照代_雅知_ひとみ_松太
33 赤黒き血は固まりて日短し ばふき 0
34 牢名主のごと着ぶくれてゐたりけり 百合 1 いつせ
35 高きまで灯るビルの灯寒夜かな 花水木 0
36 地吹雪や岩木の郷は白けむり 郁文 1 哲雄
37 ごみ出しに出て新年のご挨拶 いつせ 1 百合
38 込み合ひて静かな茶房春近し ひとみ 0
39 耳元に猫の鈴音寝正月 りつ 4 秀昭_以と_花水木_松太
40 鉄塔の骨子を上る初日かな 0
41 湯治場の玻璃戸をしらぐ雪女 千鶴 1 雅宏
42 葱畑の切先揃へつつ初日 秀昭 1 哲雄
43 門番は陶の狸や鋤焼屋 百合 4 雅宏_うらら_照代_松太
44 掛け軸の富士の裾野や鏡餅 暦文 2 すずめ_哲雄
45 熊仕留め熊のやうなる大男 百合 2 春生 _ばふき
46 辻馬車の軽き蹄音春近し ひろし 2 秀昭_丁
47 背負いたる夢にも重さ初詣 マッキラ棒 0
48 日短か何もせぬ日をくやみゐて りつ 0
49 湯豆腐やなまり優しき南禅寺 暦文 0
50 久々の大朝寝せん四日かな いつせ 0
51 煮大根今も受け継ぐ婆の味 うらら 0
52 物産展蒟蒻玉の土乾く 文夫 0
53 初夢や貧しきごろの懐かしき 春生 0
54 爪痕をあまた水路に熊果てり 冬菊 1 郁文
55 マンモスの骨現はるる凍土かな 松太 3 以と_丁_りつ
56 年はじめ一閃の推敲湯に浮かび マッキラ棒 0
57 獅子舞いのエレベーターからひょいと出て 以と 0
58 白銀を纏ひ伊吹の初景色 雅宏 0
59 明日は来ること疑はず日記買ふ 森本哲雄 1 春生
60 初雪の軒場に雀さんざめく 冬菊 0
61 七日粥しゃもじにかかる根白草 以と 2 うらら_照代
62 大かたはロマン十年日記果つ 秀昭 1 雅知
63 すごき音神話に疎まれる冬苺 ばふき 0
64 寒菊を供へ信心深き母 ひとみ 0
65 手酌酒仕上げに熱き晦日蕎麦 郁文 2 文夫 _雅知
66 雪道を一人詩人になりきりて 郁文 1 花水木