1 遠くまで歩いたもんだ冬の蜂 いつせ 2 ちえこ_ばふき
2 大掃除妻のでっかい塩にぎり 文夫 0
3 セーターのよしど演歌の小節よし ひとみ 0
4 すれ違う初木枯に吐息かな 郁文 1 智生
5 木の葉落ち整備されたるグラウンド ばふき 0
6 凍蝶の米粒ほどの腹光る 春生 0
7 柚子の香のほしいままなる仕舞風呂 春生 2 冬菊_哲雄
8 黒手套キュッキュッと鳴らし近付き来 いつせ 1 松太
9 日向ぼこ昭和のうたをうたひつつ 百合 0
10 我が胸の奥にも咲きし帰り花 暦文 1 松太
11 風邪薬六七包を遺しけり 松太 0
12 どの子にも小さき影ある枯野かな 洋子 1 ひろし
13 神の留守願いは絵馬に預けおき 智生 0
14 膝かけをして富士山を見おろせる 松太 1 以と
15 冬うらら退屈さうな檻の虎 洋子 3 いつせ_りつ_ばふき
16 湯ざめしてまた岩風呂へもどりゆく 松太 1 冬菊
17 濠を来る舟に身構へ鴨の陣 雅宏 1 マッキラ棒
18 たましひもやや獣めく毛皮かな 百合 1 ひとみ
19 鯛焼きや主義も主張も無き平和 暦文 3 秀昭_ひろし_春生
20 冬至風呂覚えなき傷沁みにけり 文夫 2 以と_ひとみ
21 散歩する犬もあるじも息白く 百合 0
22 花嫁をいれてはんなり白襖 以と 0
23 釣瓶落し庭に馴染みし竹箒 秀昭 1 りつ
24 禅寺の女人禁制漱石忌 春生 1 文夫
25 お裾分けにしては多きおでんかな ひろし 1 松太
26 被災地に残るあまたの木守柿 郁文 0
27 寄り添えば煙草香るや冬桜 智生 0
28 はたた神鯉潜まりぬ村時雨 マッキラ棒 0
29 我が犬は天寿全う冬の星 ひろし 0
30 七五三長生きしてねと千歳飴 森本哲雄 0
31 大屋根に鴉高鳴く霜の朝 雅宏 0
32 鼓などたしなむ人に春著縫ふ ひとみ 0
33 木の実落ち禅問答めく音ふたつ 秀昭 2 マッキラ棒_郁文
34 魂ぬけの顔を並べて日向ぼこ りつ 5 雅宏_冬菊_ひとみ_ちえこ_ばふき
35 それぞれのふるさと自慢狸汁 文夫 0
36 じらされているのかしらんラ・フランス 以と 2 いつせ_百合
37 もち躑躅正月待つかのかえり花 マッキラ棒 0
38 冬ざるる物置台が撤去され ばふき 0
39 聖樹燦少女はスマホを見詰めをり ちえこ 0
40 対岸の藁焼くけむり冬めきぬ 暦文 2 洋子_智生
41 樹木医の槌のやさしき小春かな 洋子 8 秀昭_マッキラ棒_哲雄_以と_郁文_文夫 _春生_百合
42 遅咲きの白きコスモス手折るまじ 冬菊 0
43 一椀の喜捨に涙の雪女 森本哲雄 0
44 深刻な患者はをらず室の花 ひとみ 1 ちえこ
45 せせらぎの音も凍えり初冬かな マッキラ棒 0
46 冬紅葉五時三十分に酒を飲む ばふき 0
47 三日月に食べられさうな星ひとつ 冬菊 2 洋子_郁文
48 火の前のいよいよ楽し冬銀河 りつ 0
49 ハンカチにアイロンをかけ小鳥来る 以と 0
50 紅葉や自然に優る画家はなく 森本哲雄 0
51 小春日や欅いろどる並木路 郁文 2 雅宏_文夫
52 名山も名もなき山も眠りけり 雅宏 2 秀昭_ひろし
53 雪催電車が車庫に吸はれ行く いつせ 2 りつ_百合
54 菊五尺育てし人の背筋かな 冬菊 1 哲雄
55 芳しきバタ-の香り室の花 ちえこ 0
56 後れ毛も白髪となりし年の暮れ 智生 0
57 狛犬の阿吽に木の葉しぐれなり 秀昭 0
58 暖炉燃ゆ宿の主の与太話 ひろし 2 雅宏_洋子
59 狐火や金山跡のラビリンス ちえこ 2 いつせ_智生
60 主なき館をめぐる秋の風 りつ 1 春生