1 みちのくの闇ひえびえと新走り 百合 3 冬菊_ちえこ_りつ
2 残されり鳥の聖地に柿一つ マッキラ棒 0
3 生卵ひとつ落とせる夜食かな 松太 4 秀昭_百目鬼_以と_りつ
4 山気立つ音遠のくや星月夜 郁文 0
5 ほろ酔ひの駅裏通り小夜時雨 雅宏 1 智生
6 銀杏の鍋で美味しく転生し ばふき 0
7 身に入むやフォークで食べる皿の飯 ちえこ 1 マッキラ棒
8 うそ寒しいじめの記事の尽きもせず いつせ 1 ちえこ
9 チャイム音「夕焼け小焼け」や秋時雨 暦文 0
10 山茶花の高き生け垣隠れ宿 暦文 0
11 E難度ぴたりと決めて朴落葉 いつせ 3  暦文_マッキラ棒_文夫
12 晴れ晴れと御嶽山や鴨来る ちえこ 0
13 頂は子等と蜻蛉とパノラマと 郁文 0
14 長き夜の読み散らしたる本の嵩 秀昭 0
15 惜しみなく日の斑をこぼす冬木かな 洋子 3 百合_郁文_ばふき
16 菊を着て退屈さうや信長公 松太 5 いつせ_哲雄_ひとみ_マッキラ棒_りつ
17 己が影に口付けしたる鵠かな 洋子 0
18 恋人の笑みが打ち消す秋思かな 森本哲雄 0
19 白萩の微かな風をいだきけり 秀昭 2 百目鬼_智生
20 虫すだく夜の静けさや仮枕 冬菊 0
21 「桂浜」より送る写メール十三夜 暦文 1 いつせ
22 熱の子のひとり遊びや冬日向 ひとみ 1 哲雄
23 新米や寿司職人の手の優し 龍野ひろし 0
24 カンバスの真白きままに冬に入る 洋子 5 松太_以と_郁文_文夫_雅宏
25 冷やかな膳所の茶入を愛でにけり 以と 1 百合
26 七五三和紙で束ねし巫女の髪 文夫 0
27 七輪の松茸香る二人酒 智生 0
28 夫拾う結婚指輪神の留守 マッキラ棒 0
29 静けさに潰されさうな夜長かな いつせ 3 冬菊_ 暦文_郁文
30 十月の濁流痕の朝日かな 智生 0
31 腕時計ひんやり勤労感謝の日 文夫 3 秀昭_いつせ_以と
32 美容師に癖毛ほめられ冬ぬくし ひとみ 0
33 立冬や音あきらかに庭箒 百合 1 秀昭
34 朝寒のグランド掛け声一周す 百目鬼 0
35 露の世の露の命を大事かな りつ 2 百合_ちえこ
36 落葉踏む犬も後れて落葉踏む 雅宏 0
37 小春日を呑みこむやうなあくびかな 松太 4 洋子_ひとみ_ 暦文_雅宏
38 暴風雨止むことのなき夜長かな 森本哲雄 1 智生
39 やうやうと雪吊の縄はりゐたる 以と 0
40 秋の声こだまとなりて戻りくる りつ 1 松太
41 落葉散る湖に葉舟を浮かべんと 龍野ひろし 1 冬菊
42 台風一過全集に欠く一書 秀昭 1 洋子
43 秋天やコキアの紅の芯燃ゆる 百目鬼 0
44 風のまま磴を転ぐる枯葉かな 雅宏 0
45 こおろぎの飛び出て雨の始まりぬ 冬菊 1 洋子
46 店先のブルージーンズ初時雨 ひとみ 1 ばふき
47 秋深し水琴窟めく厨かな 以と 0
48 木枯らしも四角にふぶき美術館 マッキラ棒 0
49 すきやきや食欲勉強欲保持し保持し ばふき 0
50 寂しげにはらりはらりと落葉散る 龍野ひろし 0
51 カード入れ替えて管理す小六月月 ばふき 0
52 柿色の入り日に雲の染まり行く 智生 0
53 夕焼は書割めいて木賊かな ちえこ 0
54 栗御飯ふっくら炊けて忌日かな 文夫 0
55 たけびつつひよどり熟柿を急襲す 百目鬼 0
56 帰るのは母なる大地落葉降る 森本哲雄 1 ばふき
57 秋の実のやったり取ったり竹の籠 冬菊 1 百目鬼
58 大根の太き頼もし冬に入る 百合 2 哲雄_ひとみ
59 摘むほどに淋しさつのる草の花 りつ 1 松太
60 影を置く露座の大仏冬隣 郁文 2 文夫_雅宏