1 稲妻の力を借りてプロポーズ 暦文 1 松太
2 乳垂らす無花果食みし秘密基地 緑子 0
3 秋天へ音響かせて添水かな りつ 1 百合
4 藍染の花瓶敷かな涼新た 春生 0
5 多言語の飛び交う富士や流れ星 暦文 0
6 秋蛍さみしさみしと泣く女 緑子 0
7 漆黒の長き髪梳く秋扇 ちえこ 0
8 一族の靴の揃ひぬ彼岸寺 いつせ 4 哲雄_緑_春生_暦文
9 停電や蚯蚓大いに鳴きにける 以と 1 雅宏
10 秋暑し着替えて外へ工事了 ばふき 0
11 ふたりして一台洗車夏やすみ 秀昭 0
12 何処かで進化間違え竈馬 マッキラ棒 0
13 みそ汁や間引菜摘んで柚子もいで 百合 0
14 郵便車霧の中から現はるる 松太 1 以と
15 空蒸しや不孝詫びつつ墓洗ふ 冬菊 0
16 峰雲やみんなで担ぐ車椅子 森本哲雄 1 いつせ
17 秋涼し背筋をピンと空仰ぎ 智生 0
18 新聞を折目正しく生身魂 秀昭 2 りつ_ばふき
19 秋風や芭蕉の句碑の文字薄れ 春生 1 秀昭
20 小布施への旅栗おこわ楽しみに ひろし 0
21 土壁に埋もるる柱きりぎりす 百合 0
22 蜻蛉や田んぼの空の真つ平 ひとみ 1 りつ
23 新米や粒一粒の輝きて 智生 0
24 夕闇の空耳かとも鉦叩 ちえこ 0
25 勤行の鉦響きけり新松子 松太 3 百目鬼_雅宏_智生
26 汗一斗子らと遊べるひと日かな 冬菊 1 哲雄
27 うたた寝の夢をうつつを蝉時雨 冬菊 3 ひとみ_りつ_ひろし
28 夕霧の白き闇なす銀座かな 雅宏 0
29 舟べりを叩く小波や流れ星 ひとみ 3 雅宏_文夫_ちえこ
30 赤き鳥青き鳥飛ぶ鳳作忌 春生 0
31 葛の花伸ばして位置の定まりぬ 文夫 1 百合
32 今朝秋や焼きたてパンに薔薇のジャム 文夫 1 秀昭
33 暗がりで鼻緒すげかへ盆踊 百合 1 百目鬼
34 駄菓子屋の跡の更地にちちろ鳴く 百目鬼 0
35 夏空を狭にビル群の夜景かな 智生 0
36 つりふね草一面の靄に浮きをりぬ マッキラ棒 0
37 鬼灯を揉む白き種透くばかり 百目鬼 0
38 重陽や家族三代和やかに ひろし 1 哲雄
39 へうたんの口とくとくと新走り りつ 3 以と_冬菊_ひろし
40 草原にのこる踏跡星流る 秀昭 0
41 懐の手にも月光龍馬像 暦文 4 ひとみ_智生_緑_春生
42 秋の蜂死んで頭が外れたり ばふき 1 百目鬼
43 海霧晴れて大佐渡小佐渡現れにけり 雅宏 1 文夫
44 間引き菜を添へて快気のサラダ皿 百目鬼 1 暦文
45 くすぐりの入る法話やばつたんこ いつせ 1 ひとみ
46 剥くほどに梨のいのちのみづみづし 雅宏 3 ちえこ_いつせ_ばふき
47 はや寝付く夫の福耳菊枕 以と 4 文夫_ちえこ_暦文_ひろし
48 地下街でひと日働き天の川 森本哲雄 1 いつせ
49 成長が不十分な飛蝗ここにあり ばふき 0
50 足湯して己が影踏む晩夏かな 文夫 3 智生_冬菊_雅知
51 鈴虫や講師の声の詰りがち ちえこ 0
52 まつ白な雲一つ夏の忘れ物 りつ 2 松太_百合
53 秋扇かひな物憂くやはらかく 以と 0
54 熊笹に分け入る露に膝濡らし ひろし 1 ばふき
55 一気とはあらぬ噂と曼珠沙華 いつせ 1 雅知
56 山盛りの夜食出て来る工場かな 森本哲雄 2 松太_春生
57 武骨な手掬う白肌冷奴 緑子 2 冬菊_雅知
58 門燈を浮きあがらせて虫の闇 ひとみ 2 以と_緑
59 一しづくまた一しづく青ふくべ 松太 1 秀昭
60 名月やブウラックホール伴えり マッキラ棒 0