1 夏痩せて一粒足りぬ常備薬 秀昭 1 りつ
2 空き家は更地となりて風立ちぬ 冬菊 0
3 楊梅や日本を思ふ遣唐使 森本哲雄 1 松太
4 激雷に如意輪観音膝立てる 泥亀 1 マッキラ棒
5 絹漉しの絹は使はず冷奴 緑子 0
6 滝滑りしぶきに押さる妻の尻 智生 1 マッキラ棒
7 風鈴や食ふも語るもゆつくりと 松太 2 照幸_哲雄
8 残照は烈火のごとし氷水 智生 2 文夫_りつ
9 地を蹴つて熱帯びゆけり盆踊り 冬菊 1 ちえこ
10 商談はさておき鱧の料理かな 森本哲雄 1 いつせ
11 夏惜しむ「またおいない」と見送られ いつせ 0
12 青蜥蜴走らせたくて下駄の音 ちえこ 0
13 老いてなを夢を追つてる青山河 森本哲雄 1 照幸
14 厚雲の天地鼓動す遠花火 マッキラ棒 0
15 千鳥足秋の蚊連れて帰り来る 暦文 0
16 花嫁を追ふ村の子ら曼珠沙華 春生 3 雅宏_マッキラ棒_哲雄
17 妻の留守肴(な)はこれで好し冷奴 緑子 0
18 吊革がぐいと日焼けの腕・リュック 佐野さら紗 0
19 枝豆の茹でていやます緑かな 雅宏 1 緑子
20 台風と猿に田畑を荒らされて 春生 0
21 札所へと向かふ石磴秋暑し 雅宏 2 いつせ_さら紗
22 蛍飛ぶまだまだ先にある民話 泥亀 1 照幸
23 梅雨冷や法灯点る延暦寺 照幸 1 百合
24 一杯の水の美味さよ原爆忌 いつせ 4 冬菊_雅宏_智生_ちえこ
25 秋風や本を買はんと本を売る 百合 1 秀昭
26 にじり寄る西日の届く奥座敷 ひろし 0
27 朝顔に二階の部屋を覗かるる 春生 1 冬菊
28 雲の峰不思議の国のあるごとく りつ 1 松太
29 ゆつくりと佐渡を離るる天の川 雅宏 1 冬菊
30 学童の小突いてゆきし青瓢 文夫 4 智生_秀昭_いつせ_百目鬼
31 梅雨深し今は消えたる軒の舟 ちえこ 0
32 戦後史を写真でたどる夏の果て いつせ 0
33 なかなかに暮れぬ川面や合歓の花 ちえこ 2 泥亀_さら紗
34 夜店の灯蛸はぶつぶつ足切られ 文夫 1 哲雄
35 枝折戸へ飛び石五つ秋の風 松太 1 文夫
36 蓑虫の唯に竹塀伝ひゆく 百目鬼 0
37 金魚玉変はらぬ妻の減らず口 文夫 0
38 香久山の風色ならん白団扇 りつ 2 秀昭_百合
39 凌霄の落花に日暮れ来てをりぬ 秀昭 0
40 型枠を脱ぎてテトラに海の夏 百目鬼 0
41 向日葵へ走ってみたき足二本 佐野さら紗 0
42 桃よりも私の方が傷んでる 緑子 0
43 うわずったトランペットや秋夕焼け 暦文 1 百目鬼
44 ビール乾す青き地球の夕風に 秀昭 4 文夫_ちえこ_松太_さら紗
45 引力に逆らう背伸び夏の朝 智生 1 緑子
46 朝露に裾濡らしつつ山に入る ひろし 1 泥亀
47 梅雨明けの漢はにかむ路地の奥 照幸 1 泥亀
48 見見立てて犬立ち上がる梅雨晴れ間 照幸 0
49 将軍の緩むくちびる甘葛煎 マッキラ棒 0
50 簡潔な便りの重み多感な夏 泥亀 0
51 北斎を訪ね小布施の桃畑 ひろし 0
52 秋の蚊を手叩く妻の力無さ 暦文 1 百目鬼
53 水溜り勢ひつけて蚯蚓伸ぶ 百目鬼 0
54 水揺れて金魚は揺れず金魚玉 百合 0
55 土踏まず吸ひつくごとしたかむしろ 百合 0
56 降伏の勧めに小脇「勘助桃」 マッキラ棒 0
57 撃沈の船横たはる夏の果 りつ 1 智生
58 牛の背を水平にして雲の峰 松太 0
59 爽やかや尼僧に和する般若経 佐野さら紗 1 百合
60 囚はれの蛍が匂ふ雨夜かな 冬菊 3 雅宏_りつ_緑子