1 滝落ちて壷にぼこぼこ生命の音 正男 0
2 甚平や船乗り舟に乗らぬ日々 百合 3 ひとみ_ちえこ_松太
3 近道はないが瀑布の道を行け 正男 0
4 チャリンコで突つ込んで行く夕焼かな いつせ 2 冬菊_以と
5 立ち話いつ終はるとも白日傘 雅宏 1 りつ
6 団扇風もろうて披講をつとめけり 以と 1 百合
7 黒板に先生の顔夏休み 松太 2 秀昭_いつせ
8 蛍やせせらぐ音を木の間より りつ 0
9 おもむろに舞ひ立ちにけり梅雨の蝶 春生 0
10 腰痛を防ぐ体操夏の暁 文夫 0
11 白蝶のつと現れては風に消え 冬菊 2 蘭子_智生
12 実は花に花は実に触れはちすかな 百合 0
13 しばらくを石橋といふ涼しさに ひとみ 4 冬菊_いつせ_ひろし_いきか
14 その中に雨水ためて蝉の殻 松太 2 哲雄_春生
15 雨音を心ゆくまで水羊羹 ちえこ 3 ひとみ_以と_りつ
16 回らないすし屋の隅で冷し酒 いつせ 0
17 梅雨晴れや息深々と樹樹の末 ちえこ 0
18 鳥ごゑの抜けるひと日や夏料理 秀昭 1 ひろし
19 榊もて天地を祓ふ夏越かな りつ 4 ひとみ_正男_蘭子_雅宏
20 雨匂ふががんぼわつと現るる 冬菊 0
21 風鈴に死者の声聞く夕べかな 春生 0
22 石庭をしとどに濡らす緑雨かな 雅宏 1 百合
23 容赦なく太陽重し田草取 松太 1 いきか
24 父の日や転勤先へプレゼント 森本哲雄 1 文夫
25 七夕竹品格の文字きらきらす 秀昭 1 蘭子
26 根つからの一人好きなり浴衣縫ふ ひとみ 2 松太_りつ
27 令和いま生き永らへし御器かぶり ひろし 1 正男
28 水無くし軽きバケツになめくじら いきか 0
29 寅さんと鰻に会いに柴又へ 暦文 0
30 半夏生売れ残りし蛸旨飯に 村上蘭子 0
31 夏ぐれや青鈍色の山の陰 村上蘭子 0
32 落水の音に消されし夏の恋 智生 0
33 近道はないが瀑布の径を行け 泥亀 0
34 梅雨夕焼天守の鯱の口動く ちえこ 0
35 遊船や水面は風に掃かれゐて ひとみ 0
36 青い目の下駄からころと貸浴衣 ひろし 3 正男_雅宏_智生
37 箱庭に二世代の家建てにけり 雅宏 1 いつせ
38 滝しぶき大きな声で聞き返す 泥亀 1 春生
39 百合の香や木漏れ日とどく躙り口 暦文 0
40 打水やうつくしく塩盛られあり 以と 2 秀昭_雅宏
41 空蝉や子供はみんな独立し 森本哲雄 2 春生_智生
42 大臣は失言ばかり罌粟坊主 森本哲雄 0
43 ひまわりや背伸びして見る地平線 智生 2 ちえこ_ひろし
44 たらちねの背を拭く影や夏のれん 冬菊 0
45 地ビールやいまだ果たせぬ約一つ 文夫 1 ちえこ
46 抽斗の異国のコイン巴里祭 文夫 3 秀昭_以と_いきか
47 滝しぶき大きな声で聞き返し 正男 0
48 陶枕に耳を澄ませてゐるらしく 以と 2 松太_冬菊
49 蝸牛一所懸命葉を齧れ いきか 0
50 古傷は記憶の扉走馬灯 秀昭 1 哲雄
51 半夏雨職を辞したる夫の黙 暦文 2 哲雄_文夫
52 滝落ちて壷にぼこぼこ命の音 泥亀 0
53 平成も去れば短し明易し いつせ 0
54 夜濯ぎのマドロス服にマドロス帽 百合 0
55 静寂の一瞬走る浮いてこい 春生 1 百合
56 夕立雲寝ぐらへ帰る急ぎ鳥 村上蘭子 0
57 朝稽古終へ汗重き胴着かな ひろし 0
58 大好きとそっと囁く月見草 智生 1 文夫
59 球場に行く前蓮の花二つ いきか 0
60 夕映えの水面を声の河鹿かな りつ 0