1 老いてこそ派手な服着る更衣 森本哲雄 1 雅宏
2 青芒子の擦り傷に母のつば いつせ 0
3 うすものを縫へば朝風ひんやりと ひとみ 1 百合
4 雷走り女の色香充満す 正男 0
5 互いの背を流しあう菖蒲の湯 川崎伸治 0
6 蟾蜍とぶ渾身の力こぶ 正男 0
7 風鈴の音に値がつく陶器市 川崎伸治 5 ひとみ_哲雄_智生_いきか_いつせ
8 緑蔭の霊を放てり比叡山 正男 0
9 若き日の夢籐椅子に凭れあり 松太 1 りつ
10 枇杷熟れてやさしき雨の園舎かな さら紗 1 智生
11 ねんごろに漆喰均すや青楓 以と 0
12 旅立ちの溢るる光山法師 ひろし 0
13 廃校やぼうふら宿す手水鉢 冬菊 0
14 母の日のケーキを皆で分けにけり 森本哲雄 0
15 水郷を漕ぎ行く舟や行行子 雅宏 1 文夫
16 水羊羹癒えて戻りしソファーかな さら紗 1 文夫
17 醜さを知るや知らずや蟇出づる 雅宏 0
18 正調の鳴き声得たり夏うぐいす ひろし 0
19 うたた寝に水かげろふや夏柳 冬菊 0
20 枇杷の黄の日ごと濃くなるリハビリ棟 さら紗 1 哲雄
21 巣の上は無限の空よ燕の子 森本哲雄 2 ひとみ_りつ
22 リラの花晩年の恋心かな 文夫 0
23 一升壜さげ雨ごひにやつて来し 松太 1 以と
24 たくはへのもののひとつに梅漬ける 以と 4 冬菊_りつ_雅宏_いきか
25 蟻急ぐわがみほとけのたなごころ 百合 0
26 鈴蘭の鈴鳴らしゆく通り風 雅宏 1 以と
27 ぬか床にあんばい訊かん大南風 以と 2 ひとみ_百合
28 木漏れ日は初の記憶風薫る 冬菊 1 さら紗
29 握りめし祭うちわを兵児帯に りつ 4 哲雄_冬菊_正男_百合
30 初競りのメロン二玉五百万 いつせ 1 智生
31 風吹くや花が花うつえごの花 文夫 0
32 ひもじさは昭和の思ひ桐の花 百合 0
33 死んで居る天道虫は部屋の中 いきか 0
34 故郷の熟れしトマトの匂いかな 智生 2 正男_文夫
35 梅雨晴れ間ズボンポケット裏返し いきか 0
36 うすごろも山湖ひとつを置く如く ひとみ 1 いつせ
37 梅雨鯰いつもどこかで震度一 いつせ 1 雅宏
38 ひとり抜けまた抜け帰る青葉風 川崎伸治 0
39 世の中とここで別るる簾かな 松太 2 冬菊_いつせ
40 雪国で織られし着物風炉点前 ひとみ 0
41 半袖の襟元涼し夏ショール 智生 0
42 さくらんぼあははあははとよく笑ひ 百合 4 正男_さら紗_いきか_松太
43 五月闇少し茶色に白髪染め 智生 0
44 そこはかと風の出て来し芒種かな 文夫 0
45 桐箱で送られてくる団扇かな りつ 2 以と_松太
46 阿蘇五岳真中に夏の露天風呂 ひろし 1 さら紗
47 茄子の花大足型を残す畝 いきか 0
48 点す灯の光あつめてさくらんぼ りつ 1 松太