1 薫風にこぼれさうなり海女の胸 百合 3 ひとみ_春生_智生
2 朝までの仮寝や浅蜊砂を吐く 川崎伸治 0
3 注染の揺れる反物夏近し 郁文 0
4 麦秋の空に輪を描くとんびかな 雅宏 1 哲雄
5 空切つて海風切つて夏燕 ひとみ 0
6 卯波立つ増えるサーファー午前九時 郁文 0
7 葉桜の風渡り来る水田かな りつ 0
8 初夏の鯉集団で尾鰭の音を立て いきか 0
9 車座や農事の始め花の酒 川崎伸治 0
10 途中下車はだしを波に遊ばせて さら紗 0
11 泊船の水吐く音や夏きざす 文夫 1 りつ
12 風呼んで風を放ちて樟若葉 ひとみ 3 以と_春生_文夫
13 裸婦銅像桜の海を浮き沈み 冬菊 0
14 河鹿鳴く雨匂ひたる岸辺かな ひろし 1 冬菊
15 野遊びの子に羽根生えてくる気配 いつせ 1 いきか
16 湖は地球のえくぼ夏めけり ひろし 0
17 柿若葉いかにも青く今朝の雨 以と 0
18 夏燕堂まで真直ぐ飛んで行く いきか 0
19 娘よりその母若し更衣 百合 0
20 雨あがり青葉若葉のしずくかな 雅宏 2 りつ_文夫
21 二重橋緑雨に光る菊の紋 文夫 3 雅宏_ひろし_智生
22 絶壁を飛んで草むらの初夏の猫 いきか 0
23 退官の夫の剥きゐる蕗の皮 以と 2 百合_松太
24 灰を撒く翁に似合ふアロハシャツ 冬菊 0
25 若葉風ケーブルカーに立ち乗りす 春生 0
26 門司港のはね橋跳ぬる夏始 ひろし 0
27 豆ごはん母の小言も炊き込めり 春生 2 雅宏_いきか
28 雨の紋六つ増やせりあめんばう 冬菊 0
29 朝もやを剥がれ落ちてや紫木蓮 以と 0
30 一滴の尽くるまで注ぐ新茶かな 雅宏 2 智生_いつせ
31 ばかでかい機械の動く代田かな 松太 1 以と
32 西の空夕立後のあかね雲 智生 0
33 大岩に波立ち上がる立夏かな 松太 3 哲雄_雅宏_りつ
34 四歳も二歳もあかず豌豆むく ひとみ 2 さら紗_いつせ
35 吾子の風邪移りて寝込むこどもの日 智生 0
36 職場まで一駅歩く夏近し 智生 2 哲雄_春生
37 大阿蘇の空に突つ立ちラムネ飲む 百合 4 冬菊_いつせ_いきか_松太
38 初夏や水平翼の見ゆる旅 春生 2 さら紗_ひとみ
39 来る御代や別れし御代や八重桜 郁文 1 ひろし
40 新緑のひとしずくなり山蚕 りつ 2 さら紗_ひとみ
41 一花咲きましたと牡丹の便り来る さら紗 0
42 落し角拾つてきたと山仕事 松太 1 冬菊
43 快速や花のトンネル走り抜け 森本哲雄 0
44 薫風や研ぎて鋼の匂い立ち いつせ 2 文夫_百合
45 満開の花が見送る船出かな 森本哲雄 1 ひろし
46 滑らかに蛇泳ぎ出す令和かな いつせ 1 以と
47 もう少し夜ざくらのなか焼きりんご 川崎伸治 0
48 眩しさや水田を泳ぐ鯉のぼり りつ 2 百合_松太
49 ついと上る紙飛行機や初夏の空 さら紗 0
50 いち早く田水の中の蛙かな 文夫 0
51 淡々と家事をする妻鳥雲に 森本哲雄 0