1 筍を掘り出しにけり朝日中 春生 0
2 遠足やバスを降り来てすぐ二列 百合 1 哲雄
3 改元の待たるる花の盛りかな 文夫 0
4 平成の終りが映えて石鹸玉 百合 0
5 畦塗つて明日は通勤電車かな 森本哲雄 2 松太_いつせ
6 堤防の目映きまでの花菜かな 雅宏 0
7 春寒し十二号室飲み放題 いきか 0
8 苜蓿牛の尻尾はただ揺れて 森本哲雄 2 百合_冬菊
9 晴れ渡る湖に釣り舟風光る 雅宏 1 文夫
10 初蝶にひかり満ちたる空のあり りつ 2 ひとみ_ひろし
11 田螺這ふ棚田に水の通ひけり 文夫 1 冬菊
12 神殿のどしりと構へ花吹雪 春生 2 哲雄_いきか
13 輪になつて蒲公英のぞく子の笑顔 ひろし 0
14 穴出れば世は時ならぬ春の雪 りつ 2 松太_哲雄
15 去年今年同じ百舌だと言い張つて 冬菊 0
16 ほんのりと畳の匂ふ朝寝かな 松太 3 ひとみ_以と_りつ
17 石鹸玉色を回して空にあり ひとみ 1 松太
18 湯冷めせぬやうにゆるりとおわら節 冬菊 0
19 花見船下り浅草の天婦羅屋 ひろし 0
20 母の詩のハチローが行く桜月夜 春生 0
21 平成に感謝をしつつ散る辛夷 いつせ 0
22 青空に一人漕ぎ出づ半仙戯 りつ 3 百合_以と_いきか
23 平成に別れを告げて鳥雲に 松太 0
24 媼らが採れ高競ふ蕗の薹 冬菊 0
25 色足袋の小鈴模様も花疲れ ひとみ 3 さら紗_いつせ_ひろし
26 ランナーは靴裏見せて風光る ひろし 1 いつせ
27 畦道に大地の吐息土竜塚 文夫 0
28 囀に目覚むる朝や峡の宿 雅宏 0
29 清明の朝の光の雀かな いつせ 1 文夫
30 もののふのここに眠れる山桜 以と 3 ひとみ_さら紗_雅宏
31 行く水の旅おもしろき花筏 さら紗 1 冬菊
32 水音を寄せて返して猫柳 以と 3 さら紗_ひろし_りつ
33 春深しピアノのほこりきりもなく 松太 1 いきか
34 さくら色よりほのかなる初桜 ひとみ 1 以と
35 流れ着く異国の瓶や春の浜 以と 1 文夫
36 花屑を乗せれ下りぬ花筏 いつせ 0
37 平成の終りの風へ石鹸玉 百合 0
38 花筏流れ行くのは我が心 いきか 1 りつ
39 真夜中に天下分け目か猫の恋 森本哲雄 1 雅宏
40 二人乗りバイク抜き行く春の泥 さら紗 0
41 春の雨車に着いても鍵が無し いきか 0
42 煮魚に生姜の香立ち花の冷え さら紗 2 百合_雅宏