1 白い椿赤い椿に交わらず いつせ 0
2 雪見せて雪見障子や雛の間 りつ 0
3 深々と土に足跡春きゃべつ 百合 2 文夫_春生
4 芹引いてここから濁す流れかな 以と 2 冬菊_百合
5 蝶々がぽつんと一つ空の青 百合 0
6 境界を警戒し出す春の雨 ばふき 0
7 早春の潮騒をきく牧水館 春生 1 いつせ
8 日当りはわが家の宝牡丹の芽 百合 0
9 椿咲く学校の森に踏み入れり ばふき 0
10 猿連れて春は山裾あたりまで 冬菊 1 ばふき
11 啓蟄の雷雨に頭打たれけり 春生 0
12 旅立ちの帷子の上春衣 りつ 0
13 雨止みし事など雛の日の茶会 ひとみ 1 さら紗
14 羽子板を取り合ひし日や古写真 冬菊 0
15 ゆく雁や我は小さな家の中 森本哲雄 0
16 旅鳥の空も我が空蜆汁 さら紗 0
17 風を追ひ風に追はるる半仙戯 ひろし 2 ひとみ_冬菊
18 春の水かがよひながら暮れてゆく 松太 2 りつ_ひとみ
19 雛の箱幽かに見ゆる墨の文字 すし老人 1 春生
20 経文の紺紙金泥冴返る 以と 1 文夫
21 綿埃溜まる部屋隅三月来 いつせ 0
22 たこ焼きの手元くるりと春の風 文夫 4 松太_いつせ_すし老人_哲雄
23 その夜の幾万の星震災忌 りつ 3 松太_さら紗_雅宏
24 雨の日をえらび咲くかに初桜 ひとみ 0
25 焼き色の割れて蓬の匂ふ餅 さら紗 0
26 昼告ぐる時鐘鳴るなり彼岸寺 雅宏 0
27 仲春や動き出したる観覧車 雅宏 1 ばふき
28 啓蟄や生きとし生くるもの息吹く 雅宏 0
29 虻打ちて新鮮な血の我にあり 森本哲雄 0
30 雛祭うどんを食べる昼餉かな ばふき 0
31 空風やマスクに籠る薬の香 冬菊 1 哲雄
32 泣きぼくろ描いてもみたき雛かな ひとみ 1 百合
33 よく動く赤子の手足吊し雛 さら紗 7 松太_以と_文夫_りつ_ひとみ_春生_百合
34 昼過ぎの池のほとりの薄氷 すし老人 0
35 雨粒が混じつてをりぬ花吹雪 松太 1 りつ
36 朝まだき硬さの残る春の水 すし老人 1 ばふき
37 春泥の靴拭ひをる捨畳 春生 1 冬菊
38 囀りや机上に開く山の地図 いつせ 4 以と_さら紗_すし老人_雅宏
39 決めかねてゐる桜餅柏餅 文夫 0
40 遊び好きと言はれてをりぬ恋の猫 文夫 0
41 春風や湯浴み帰りの下駄の音 ひろし 3 以と_すし老人_哲雄
42 春闘のデモ高齢者ばかりなり 森本哲雄 2 いつせ_雅宏
43 水音の貴船よりくる朧かな 松太 0
44 春眠や夢の世界に戻りけり ひろし 0
45 菜の花も昆布締めにして暮れなずむ 以と 0