1 ヒヤシンス咲きて新聞休刊日 さら紗 1 ばふき
2 春浅きみほとけの指反りかへる 松太 1 以と
3 その中に子どもも混じり寒念仏 加藤雅岳 4 松太_さら紗_春生_百合
4 淡雪や水面しづかに鯉の池 冬菊 1 すし老人
5 山焼や鴉集うて鳴き交す すし老人 0
6 落椿咲きたるままの赤き花 ひろし 0
7 鮟鱇鍋しばし忘れる浮世かな 森本哲雄 0
8 割り落とす黄身に弾力春立てり さら紗 3 雅宏_いつせ_哲雄
9 山焼きの炎吼えつつ走りゆく りつ 2 冬菊_文夫
10 嚏して涙うかべて笑はれて すし老人 0
11 白無垢に紅の冴へたる寒椿 冬菊 0
12 鬼やらふ己の鬼に気づかづに りつ 0
13 あらたまの空玲瓏と傘寿かな 加藤雅岳 1 冬菊
14 春色のこころこぼれて金平糖 松太 1 りつ
15 縄文の器に活けて梅の花 百合 0
16 華やぎし護摩の火の粉や雪に舞ふ 文夫 0
17 雑草と言はれゐやうと春を待つ いつせ 0
18 熱燗やみぞれが雪になりました 百合 0
19 放水の七彩現るる出初かな 雅宏 0
20 寒鯉のあらひは雪の香りかな りつ 3 松太_春生_百合
21 春浅し小四以上とふ範疇 ばふき 1 雅宏
22 ポケットに懐炉押し込む夜警かな 森本哲雄 3 文夫_ばふき_百合
23 荒行の僧の一喝寒気裂く 文夫 2 すし老人_春生
24 とんどさん高く上がれと習字の子 加藤雅岳 0
25 星一つ星また一つお涅槃会 百合 1 りつ
26 炉話にまた一人酔ひつぶれけり 以と 2 松太_冬菊
27 参詣の晴着に満つる淑気かな 雅宏 0
28 雑巾の干されしままに凍てにけり 雅宏 2 哲雄_すし老人
29 あれは季語これも季語です水温む いつせ 1 以と
30 白梅や風とひかりを弾ませて さら紗 0
31 海凍るあざらしの眼の黒々と 以と 2 雅宏_ばふき
32 凍柿の艶めく午後の日差しかな すし老人 1 文夫
33 きらきらの太陽の香や如月来 いつせ 0
34 春の雪うぐひす色の菓子買うて 松太 3 りつ_いつせ_さら紗
35 春光を川面に散らし星のごと ひろし 0
36 猫柳小学生に導かれ ばふき 0
37 君の膝が時々ふれて春炬燵 以と 0
38 春浅し鼻のすり減る撫で仏 ひろし 4 以と_いつせ_さら紗_哲雄
39 隅笹の春呼ぶいろや常盤門 文夫 0
40 神の山落命ありて雪喪服 冬菊 0
41 子宝や直ぐになくなるおでん鍋 森本哲雄 0
42 ランドには我らの希望猫の恋 ばふき 0