1 老犬が軒に飛び入る鰤起こし 冬菊 1 哲雄
2 ひそやかに咲くも落つるお茶の花 以と 1 百合
3 講宿の備長炭の金属音 春生 0
4 矢を放つ音の静寂や冬芽満つ 文夫 0
5 水に浮く髪ひとすぢや一葉忌 百合 1 いつせ
6 初春や筆勢強き朱印帳 ひろし 1 文夫
7 若菜摘む指のうれしき野辺のみち さら紗 1 以と
8 針箱に鈴の音ある小春かな 百合 2 さら紗_ひろし
9 遠つ世の笙の音色や冬紅葉 文夫 0
10 箸置けばまた次の用晦日蕎麦 さら紗 1 百合
11 くちびるの切れて血の味牡蠣食ぶ 以と 0
12 初春や神話の峰の厳かに ひろし 1 文夫
13 ほろ酔ひのほほに初風目に山河 いつせ 0
14 逆さ富士の影揺らぎなし冬の湖 文夫 1 哲雄
15 子に送る若菜を庭に摘みにけり 春生 2 文夫_さら紗
16 初春の上野鈴本寄席太鼓 ひろし 2 いつせ_以と
17 凧に書く龍の一字を筆始め 松太 3 以と_さら紗_ひろし
18 ばば様の十八番の話雪女郎 いつせ 0
19 金色の水を湛へて茎の桶 以と 1 松太
20 いつまでと言ふこともなき榾火かな 松太 0
21 つつつつと窓に水玉花八手 百合 0
22 セーターに松葉をつけて日の匂ひ 松太 0
23 中央に東京ありて絵双六 森本哲雄 2 いつせ_松太
24 鮟鱇の口から逃げる命かな 森本哲雄 1 ひろし
25 ジャンパーや裏返されて干されあり ばふき 1 松太
26 終活や渋柿の幹断ちにけり 冬菊 0
27 小寒や高得点句を書き写し ばふき 0
28 空へ差し上げし赤子の初笑ひ いつせ 1 哲雄
29 寒の入りシチューは濃くてグラタンに ばふき 0
30 白壁に蛾の貼りつきて冬仕度 冬菊 0
31 岩肌の透きとほるかに富士凍てり さら紗 0
32 松過の納豆売りの声通る 春生 0
33 観覧車まわり続けて去年今年 森本哲雄 1 百合