1 しんがりは楽し冬日に背を押され さら紗 3 哲雄_ひとみ_いつせ
2 水仙や土の悪さが露見する 生き方を 0
3 冬の雨降る墜落の戦闘機 春生 0
4 雪蛍一二三四おおいっぱい いつせ 0
5 をちこちに道路工事や年の暮 ひろし 0
6 街灯るポインセチアの窓越しに ひとみ 2 さら紗_りつ
7 臘八の月高々と屋根の上 りつ 1 雅宏
8 屍を鴉つつくや神の留守 百合 0
9 強がりを言へぬ齢や寒波急 文夫 0
10 木枯を連れて子らの走り来る 以と 2 さら紗_松太
11 老農の手の皺深き今年米 森本哲雄 0
12 開け放ちある藩校の白障子 いつせ 2 哲雄_りつ
13 手ぬぐひに八百屋の屋号頬かむり 松太 2 文夫_雅宏
14 落ちさうな釦が一つ冬の朝 文夫 1 生き方
15 離島まで渡れるごとき牡蠣筏 森本哲雄 0
16 日おもてを求め葦鴨水脈引けり 雅宏 0
17 冴え冴えと玉眼光る無著像 ひろし 0
18 暖炉の火崩れてバッハ最終楽章 さら紗 3 文夫_松太_百合
19 風邪の神首筋あたりに来てゐたり 文夫 3 哲雄_ひとみ_雅宏
20 白煙のそよとたなびく冬館 雅宏 1 以と
21 千両や鉢は不動の位置を占め 生き方を 0
22 ちちと云ふ大樹一本大枯野 いつせ 0
23 寝つきよき夫にくらしや玉子酒 百合 1 いつせ
24 母にまだ小さな仕事冬の梅 ひとみ 3 さら紗_文夫_生き方
25 冬菜畑立ち止まっては九九唱へ さら紗 0
26 裸木に雀百羽のにぎはへる 松太 2 以と_ひとみ
27 海中に浄土の道や冬夕焼 春生 0
28 十二月らしく飾られウインドウ ひとみ 0
29 接心の灯りのもるる杉木立 りつ 0
30 涸れ川や小魚捕える鳥が見ゆ 生き方を 0
31 しぐるるや涙とともに喜捨の飯 森本哲雄 0
32 遠火事の闇空赤く染めにけり 雅宏 0
33 新潟のはざ木を渡り虎落笛 松太 0
34 煤逃げの朝鮮美術訪ねけり 春生 1 いつせ
35 しんしんと墨のにほへる障子かな 以と 2 松太_百合
36 冬の朝ボーンチャイナの白さやか ひろし 0
37 成道会臘涙落つる臘の上 りつ 2 以と_百合
38 古本をいくつも束ね小春かな 以と 2 りつ_生き方
39 二つゐてくの字に氷る海鼠かな 百合 0