1 帰り花魔法を知らぬ母の杖 さら紗 1 文夫
2 立冬やブルーベリージャムを堪能す 場ふき 0
3 青竹の上水走る鮭の簗 りつ 1 雅宏
4 初冬のまばゆき夜景帰路はやし さら紗 0
5 ぶら下がるやうな冬灯の酒場かな いつせ 0
6 天高し雲一線の戦闘機 森本哲雄 0
7 なみなみと地酒を酌めば雁渡る 百合 1 哲雄
8 橋立の松に聞きをり初時雨 いつせ 1 雅宏
9 賑やかな我が家となりぬ秋彼岸 森本哲雄 0
10 草の花労働価値説再現す 場ふき 0
11 飛石も苔もたちまち紅葉れる 以と 0
12 榾積んで開拓村の集会所 春生 1 場ふき
13 おづおづと松茸裂くや昼の酒 以と 1 慎哉
14 色変へぬ街道の松凛々しかり 文夫 0
15 諭されて籠れる犬の夜長かな 斉藤慎哉 0
16 仲人のお世話も少し秋袷 ひとみ 2 雅宏_慎哉
17 旧友の出世したるらし暮の秋 斉藤慎哉 0
18 猪鍋を食うて齢を重ねけり 文夫 2 ひとみ_いつせ
19 ドアチャイム揺らせ来る人秋うらら さら紗 0
20 とんとんと露けき音を船大工 松太 2 ひとみ_りつ
21 愁思とも言へずムンクの絵の前に 文夫 0
22 音たてて落葉踏みゆく楽しさよ りつ 1 松太
23 七歳の日本舞踊に小鳥くる ひとみ 0
24 金閣を篠突く雨や三島の忌 雅宏 4 哲雄_文夫_さら紗_場ふき
25 地に水音天に風音蘆の花 百合 1 さら紗
26 冬至南瓜赤児のごとく抱き来たる 春生 0
27 この青のどこまで続く秋の空 ひろし 0
28 良き音をたてて吹かるる落葉かな りつ 1 ひとみ
29 酒二合三合釣瓶落しかな 松太 1 りつ
30 冬菊の明るき色に咲きにけり ひろし 1 いつせ
31 トーストを厚切りせん今朝の冬 以と 0
32 冬麗や香煙靄る泉岳寺 雅宏 0
33 時雨るるや札所を逆に巡りゆき いつせ 1 さら紗
34 菜園をあまねく覆ふ青女かな 雅宏 0
35 焙煎の香の中にゐて秋惜しむ ひとみ 2 松太_りつ
36 芒原迷子になつてしまひけり 百合 1 以と
37 銀杏の実犬卒倒せざる不思議 斉藤慎哉 0
38 秋茄子や冗談交す嫁姑 森本哲雄 3 文夫_慎哉_いつせ
39 山の端に昨日の札所寒茜 春生 2 哲雄_場ふき
40 鶺鴒や歩くも飛ぶも意志の乱 場ふき 0
41 雁がねや昭和の色を藁半紙 松太 1 以と
42 蓑虫が風を遊びて揺れどおし ひろし 2 松太_以と