1 かもめ二羽秋の入江を離れずに ひとみ 2 政己_ひろし
2 菊の香やきしきしきしと祢宜の沓 以と 3 いつせ_春生_雅宏
3 枝枝に団栗鈴生り通るだけ ばふき 0
4 豆腐にも絹や木綿や酔芙蓉 文夫 0
5 鰯雲はこね街道石畳 さら紗 0
6 湯疲れの母の眠れる良夜かな りつ 4 松太_文夫_ばふき_百合
7 生かされて二夜の月を眺めをり 春生 2 いつせ_雅宏
8 影失ふほどの高みを秋の蝶 松太 1 以と
9 松手入心に鋏響かせて 百合 1 松太
10 オパールの光動くや秋の虹 ひろし 0
11 重いけど旨い新米持って行け ひろし 1 ばふき
12 夭折の姉に手向くる野菊かな 雅宏 0
13 天の川見上げて虚し無神論 森本哲雄 0
14 あでやかに色なす山や初紅葉 雅宏 0
15 日本酒のとつても美味し新酒蔵 文夫 0
16 露の世の露のただなか五合庵 松太 3 以と_ひとみ_ひろし
17 朝日さす露の中なる我家かな りつ 0
18 秋晴れて姿きはやか今日の富士 雅宏 1 りつ
19 山霧の薄き真綿にくるまるる いつせ 0
20 秋の夜や本を閉づれば雨の音 松太 4 文夫_ひとみ_ひろし_りつ
21 金木犀思いで少しかなしくて りつ 0
22 神棚と仏壇拝み台風来 森本哲雄 0
23 とめどなく銀河は奔る停電の街 さら紗 0
24 三角の吊革掴み後の月 いつせ 0
25 小鳥くる安達太良山のはるかより 百合 3 政己_雅宏_りつ
26 地震の国をうれひておるやみみず鳴く 以と 0
27 夕空に明日刈る稲のにほひかな 以と 3 文夫_春生_百合
28 金木犀かすかに匂ふ宅地跡 政己 0
29 桃甘し今日は良きことありさうな ひろし 0
30 鶺鴒のところ得てゐる石畳 ひとみ 0
31 鵙鳴くや相輪のそのてつぺんで 百合 1 以と
32 明日知れぬ我も平気で墓洗ふ 森本哲雄 1 いつせ
33 古びたる板塀通り後の月 春生 0
34 じゃんけんに負けをり柿を剥いてをり 文夫 0
35 川にもう海の匂ひや石叩 ひとみ 4 松太_政己_ばふき_百合
36 芒原傘壊さぬ様に気を使ひ ばふき 0
37 漆黒の鉦叩の音ほの白き 政己 0
38 考える人に似てきぬ秋の暮 いつせ 2 春生_ひとみ
39 秋の蝶切られし枝に留まりたる ばふき 0
40 歌垣の野を戯れて月兎 政己 0
41 生ひ立ちを語る仲間や熟柿吸ふ 春生 0
42 甲斐の夜の漆黒に生れ葡萄かな さら紗 0