1 川のぼる風ぼうぼうと泡立草 さら紗 1 まさき
2 残り蚊の腕で死んだら供養する ばふき 0
3 蒼あおと海の静かな厄日かな いつせ 1 松太
4 偕老に生きて迎へり敬老日 雅宏 1 文夫
5 半拍子いずれが先に鉦叩 政己 1 百合
6 独楽にせん木の実ひとつをポケットに ひろし 2 雅宏_真紀子
7 階段の手摺にすがる酷暑かな 森本哲雄 0
8 ひと色に一村染まる稲田かな 文夫 2 いつせ_百合
9 子の好きな弁当箱や九月来る ひとみ 1 春生
10 蟋蟀や通るもの皆美しき ばふき 0
11 新豆腐皿の白とはちがふ白 文夫 2 松太_いつせ
12 今朝秋の心動かす風の音 りつ 0
13 震災の海より届き新秋刀魚 雅宏 3 りつ_いつせ_ひろし
14 今朝秋の渚に白き貝のから りつ 0
15 こほろぎも蚊もゐたりけり閻魔堂 文夫 2 真紀子_まさき
16 頬紅をさして田を守る案山子かな 真紀子 2 哲雄_文夫
17 浮雲を縫つて渡るや雁の列 雅宏 1 さら紗
18 残されて風の中なり種ふくべ りつ 3 さら紗_ひとみ_百合
19 便箋の三つ折り紅葉ひそませて 百合 1 ひろし
20 力抜き九月の海でありにけり ひとみ 2 まさき_春生
21 逆光にきらきらきらとねこじやらし いつせ 0
22 台風を待つ鉢と猫家に入れ 真紀子 0
23 噴水の立ちて人なき真昼かな 森本哲雄 0
24 コスモスや日照雨(そばえ)に濡れず道祖神 百合 0
25 百足殺す我が形相の恐ろしき 春生 1 りつ
26 白桃の甘きしたたり手で拭ふ ひろし 0
27 寡黙なる父の机の猫じやらし 真紀子 2 文夫_春生
28 金箔の波寄すごとしや豊の秋 百合 0
29 ジャズを五分(ごぶ)残りの五分を虫の声 いつせ 1 哲雄
30 白桃をすする国分尼寺の旅 春生 0
31 夜濯や断水やっと解除され 森本哲雄 0
32 廃校の帰燕の空はただ青く 政己 2 ひとみ_ひろし
33 息よりも軽ろき風船かづらかな 松太 3 真紀子_りつ_ひとみ
34 秋の虹理想は低くなりがちに ばふき 0
35 竹光のやうなわが性きぬかづき 松太 0
36 千秋楽平らか成る世永久にあれ 政己 0
37 栗どんと置きて山を去る話 さら紗 0
38 台風に耐へたる村の一本杉 春生 1 哲雄
39 はぢらひの顔にそへてや秋扇 松太 0
40 白桃や口べとべとに子は齧り ひろし 0
41 雨戸よく滑り九月の朝白し さら紗 1 雅宏
42 虫の夜の裁ち台遅くまで灯す ひとみ 3 松太_雅宏_さら紗