1 ひもすがら駄句をひねつて菜種梅雨 かまか 0
2 送られし根室の海胆や舌に溶け 哲雄 0
3 春の雪棋士にらみあふ庭園に 一穂 0
4 旅の垢を払う軒下初つばめ 輝久 2 雅宏_あやめ
5 ストローはピンクを選び夏が来る 百合 1 文女
6 吾星を探せる春の夜空かな りつ 0
7 入学の子の横顔の大人びて 淳枝 1 哲雄
8 引くたびに風伝はれり凧の糸 ひろし 5 一穂_かまか_雅宏_淳枝_くに
9 きぬぎぬの睫毛に春の愁ひかな かまか 1 輝久
10 水やりに蝶うろたへる畠の中 政己 0
11 紫雲英田を新幹線の直行す 春生 2 葦たか_文女
12 大勢が集ひてしづか雛の家 松太 1 政己
13 支柱立て鯉幟は今日試運転 さら紗 0
14 病む鼻に花粉飛び交う春の風 あやめ 0
15 富士山へ真直ぐなる道つくしんぼ 真紀子 0
16 軍港へつづく坂道風光る 雅宏 3 ひろし_真紀子_文夫
17 永日や子ら校庭にいつまでも 一穂 0
18 校庭をすいと風切るつばくらめ 淳枝 0
19  残雪の遥かに峰の仄明り あやめ 0
20 明方の波に鋭き蘆の角 春生 0
21 百歳の手形のでんと春座敷 ひとみ 1 哲雄
22 逆さまに挿されて空の種袋 輝久 3 真紀子_かまか_いつせ
23 蒲公英の野にはじけたる園児かな あやめ 2 文夫_さら紗
24 引き潮の描く紋様啄木忌 くに 0
25 鳥羽湾の空に響くや海女の笛 雅宏 1 輝久
26 両岸に手を振る子らや花見舟 ひろし 0
27 ものを焚く火に始まれり春の畑 りつ 1 百合
28 流木を波がさらひぬ啄木忌 文夫 3 松太_りつ_百合
29 祖父の手に青筋湧きて草餅搗く 一穂 0
30 鷹鳩と化し寺の屋根丸く反り いつせ 0
31 蛇穴を出づこの度の再稼働 いつせ 0
32 春風の道となりけり線路跡 ひとみ 4 政己_ひろし_哲雄_文夫
33 満開の桜遥に観覧車 文女 0
34 水温む長き廊下の永平寺 哲雄 4 かまか_いつせ_あやめ_りつ
35 入学の子らの輝く金釦 ひろし 0
36 花びらの帯をなしたる石畳 春生 1 輝久
37 春昼やふはりと顔に蒸しタオル 文夫 4 松太_ひろし_いつせ_ひとみ
38 ほろ酔ひの頬刺しゆくや桜東風 雅宏 2 さら紗_くに
39 篝火と溜息吸うて夜の桜 真紀子 0
40 蝶々や泡一粒を水平器 百合 0
41 その足で落語を聞きに花衣 ひとみ 0
42 菜の花を湯がいて香り立つ夕餉 文女 0
43 摘まれては子の手に萎へしすみれ草 りつ 2 百合_くに
44 花篝この世には無きもの映し 淳枝 0
45 囀は足下にあふれ大吊橋 さら紗 1 真紀子
46 青き踏む六文靴の歩幅なり 輝久 0
47 桃源へ道を訊ねる花の昼 政己 2 一穂_文女
48 宵闇の隠し切れざる飛花落花 かまか 0
49 自ずから車座となる花の宴 いつせ 2 りつ_淳枝
50 親と娘のうすき縁や鳥雲に くに 0
51 ゆく春や鐘楼の鐘谺する 政己 1 あやめ
52 芹摘んで空気の読めぬ奴でよし 松太 1 葦たか
53 万愚節意地悪ごころ紙一重 文夫 0
54 靴脱いで蟻の行列眺めをり 葦たか 0
55 Gパンを脛までまくり野に遊ぶ 百合 1 松太
56 切株の香り激しき雪解かな 松太 2 葦たか_ひとみ
57 春疾風街の本屋の一つ消え 葦たか 3 ひとみ_さら紗_淳枝
58 春灯や物の怪になる猫の影 真紀子 0
59 花冷えや人数減りし同期会 くに 0
60 予備校の募集ポスター春の風 葦たか 0
61 雪解やコーヒー熱きログハウス 哲雄 0
62 腐葉土のしめりの匂ひ蕨摘む さら紗 3 政己_一穂_雅宏
63 青空を冠眩し揚雲雀 文女 0