1 卒業の高ぶり家に着けば尚 一穂 0
2 人形の傾く頭や桃の花 くに 1 真紀子
3 ひもすがら雪解雫の楽しけれ りつ 3 政己_哲雄_百合
4 大寺の寄進瓦や冴返る 以と 0
5 燈明の揺れて雛の白き顔 真紀子 4 雅宏_輝久_さら紗_葦たか
6 のどけしや休まず動く山羊の口 百合 5 ひとみ_くに_松太_葦たか_いつせ
7 遠山も川も墓群も春の中 真紀子 0
8 観劇の余情深める春月夜 くに 0
9 三色菫兜太の里の果樹園に 春生 0
10 うららかや覚えないから忘れない いつせ 1 松太
11 子の竹刀構へて見るや猫の恋 文夫 0
12 仏飯に添えて二つの桜餅 輝久 1 文夫
13 連なりたる貨物列車や春の雪 まこと 0
14 その中を春風めぐる万華鏡 りつ 4 松太_かまか_さら紗_百合
15 日だまりに猫丸くなる余寒かな かまか 0
16 春光や防災無線テスト中 葦たか 2 真紀子_まこと
17 春光を揺らすハートのイヤリング ひろし 2 雅宏_かまか
18 卒業や矮鶏に別れの餌を遣りぬ 雅宏 0
19 春風にすこし傾ぐや蛇の目傘 輝久 0
20 すれちがふ傘のしづくや春の雪 さら紗 0
21 遠蛙寝つけぬ旅の枕かな かまか 1 雅宏
22 離れへの飛び石づたひ春の雨 ひとみ 0
23 桟橋に人をらぬ日や鳥曇 政己 0
24 花ミモザチーズケーキの焼きあがる 春生 2 政己_いつせ
25 定まらぬ流れに乗りて帰る雁 くに 0
26 マカロンの色とりどりに雛の宴 かまか 2 以と_文夫
27 苔庭を春雨傘のかしぎゆく ひとみ 1 輝久
28 川渡る素舟に降るや春の雪 哲雄 0
29 白木蓮淡き光の透けてをり ひろし 0
30 兄弟の九九聴ひてゐる磯焚火 葦たか 1 真紀子
31 雛祭這い這いの子のまじりゐて 政己 0
32 三月の光を回し観覧車 百合 2 いつせ_春生
33 指組みて仏は愁ふ浅き春 文夫 0
34 お岩木山(いわき)も白神山も笑ひをり いつせ 0
35 春時雨寝てる子叩き起こし朝 まこと 0
36 荒海に飛び込む海女の覚悟かな 哲雄 0
37 春疾風馬のたてがみ逆立たせ ひろし 2 政己_哲雄
38 梅が香や土塀は雨にしつぽりと ひとみ 1 さら紗
39 西風ににほひをこせり蠟梅花 淳次 0
40 いんいんと法螺音声や送水会 以と 1 百合
41 手鏡や初紅映えて雛の日 輝久 0
42 往来へ色なだるるや春の花舗 政己 1 ひとみ
43 舟歌の近づいて来る蘆の角 春生 0
44 春光や大黒天に目玉なし 一穂 0
45 陽炎へる沖の島島波白し 雅宏 1 かまか
46 仰ぎ見る寒夕焼や金曜日 哲雄 0
47 関帝廟にひれ伏す女人うららけし 文夫 0
48 母の手を姉妹で引いて雛の市 葦たか 2 哲雄_一穂
49 一睡の後の夕暮れ花菜漬 りつ 0
50 モンローのやうに恋猫もどりくる 百合 0
51 春の雷嫌な予感のベルが鳴り まこと 0
52 朝市に火種分け合ふ春の雪 松太 5 輝久_くに_りつ_一穂_春生
53 薄紅の選定枝や雪とける 一穂 0
54 雛飾り誰かよく似て翁の目 さら紗 0
55 朧夜の木曽はいづこも水の音 松太 3 葦たか_まこと_春生
56 初蝶や木をよけ吾をよけ猫の上 真紀子 0
57 小魚の跳ねし波紋や春めきぬ 雅宏 3 くに_一穂_文夫
58 あれこれと見るも楽しや種袋 いつせ 3 以と_ひとみ_りつ
59 堅つぼみ梅枝びしばし空を刺し 淳次 0
60 お水取籠松明のしなりかな 以と 2 りつ_まこと
61 ことごとく春の夕映え千枚田 松太 1 以と
62 研ぎ水の温みて母に電話くる さら紗 0
63 傘寿会遠くおでんに友を擬す 淳次 0