1 せりなづな冬田が化粧ふうすみどり さら紗 1 輝久
2 若水や名水の地に目覚めゐて ひとみ 0
3 田作のくの字への字をつまみけり 淳枝 4 松太_真紀子_くに_かまか
4 枯れ極む神奈備の森神さびて 政己 1 かまか
5 除夜の鐘数へ忘れて不眠なり ばふき 0
6 炊き上げて七草粥の緑かな りつ 3 淳枝_以と_文夫
7 ミサイルを突き落とせよ初鴉 葦たか 0
8 ことごとく朱墨いただき筆始 以と 2 松太_いつせ
9 新年や新たな余生始まれり 雅宏 0
10 一年の無事に感謝の柚子湯かな 哲雄 0
11 朝刊の友の一句や四方の春 くに 0
12 里近く鹿の来ている雪催 いつせ 2 政己_さら紗
13 針山に針のかげさし久女の忌 かまか 2 真紀子_ひろし
14 賀状書き会ひたくなりてしまひけり 文夫 0
15 木莵や闇に浮かびぬ父の顔 いつせ 0
16 冬ざれの野を啄ばめる鳥の群れ りつ 0
17 三千の菩薩に見え旅始 以と 1 松太
18 みどり子の大き伸びして初湯かな 葦たか 0
19 的中の矢羽高鳴る弓始め 春生 3 雅宏_輝久_くに
20 福笑作る最中もみな笑顔 真紀子 1 哲雄
21 首傾ぐ寒のすずめの一羽かな 輝久 0
22 御朱印の墨の香満つる初大師 春生 3 文夫_ひろし_いつせ
23 切株に小春日和の尻一つ 松太 3 淳枝_ひとみ_葦たか
24 滑り台子供ばかりの二日かな ばふき 0
25 お下がりの外套袖が短くて 哲雄 0
26 初日の出車の通らぬ道路行く ばふき 0
27 ご近所はお昼持参や日向ぼこ 松太 0
28 遊び尽くせり短日の遊園地 ひろし 0
29 幸せの形さまざま年賀状 真紀子 4 政己_ひとみ_葦たか_哲雄
30 白鳥の声をはるかに雪野かな りつ 1 さら紗
31 隙間風書架に残つている昭和 いつせ 1 くに
32 人日や無音の友を尋ね行きて 春生 0
33 大寒や朝の埠頭のエンジン音 葦たか 0
34 海原にひかり広ぐる初日の出 ひろし 0
35 初写真はちきれさうな赤ん坊 ひとみ 0
36 坪庭に明かり灯すや石蕗の花 政己 0
37 住所録書きなほしゐる炬燵かな 以と 2 淳枝_かまか
38 良きことの有らむと願ふ福詣 文夫 0
39 初天神絵馬にハングル文字ありぬ 雅宏 3 文夫_葦たか_いつせ
40 金屏をこぼれて遊ぶ雀かな 松太 0
41 朝市の値切り上手の着ぶくれて 文夫 2 ひろし_りつ
42 煤払邪魔な亭主は追い出され 哲雄 0
43 毛糸編む生まれ来る子のまた動き さら紗 5 雅宏_政己_ひとみ_哲雄_りつ
44 挨拶もそこそこに酌む年始酒 淳枝 0
45 寒凪の湾の一枚日を返す ひとみ 6 雅宏_真紀子_以と_輝久_さら紗_りつ
46 外つ国へ発つ子と囲む屠蘇の膳 くに 0
47 海風や凧と富士とを並ばせて さら紗 0
48 幼子のひらがな並ぶ初便り くに 0
49 初東風や日の丸なびく警察署 雅宏 0
50 初春や一番鶏のこゑ結構 かまか 0
51 背を丸む見知らぬ三毛や春隣 輝久 0
52 門松や城開門を待ちかねて ひろし 0
53 詠みあげる声よそゆきに歌留多会 真紀子 0
54 春畑へ向かう独りの母となり 輝久 0
55 ゆつくりと数の子を食む奥歯かな 淳枝 1 以と
56 倒木の風裂く音や冬枯野 政己 0
57 大寒や町道場の声あつく かまか 0