1 海底のとほき記憶や山眠る さら紗 1 政己
2 宵よりの雨やはらかに雛祭 ひこばえ 1 ひろし
3 さながらに骨踏む音や朴落葉 以と 3 真紀子_ひとみ_くに
4 着ぶくれて保護といふ名の過干渉 哲雄 0
5 初霙美術館へと急ぐ傘 ほしくづ 0
6 おでん鍋並べ夫婦の箸置かれ 輝久 0
7 父の行くおきまりの場所冬帽子 さら紗 0
8 境内の鳩とたわむる冬日かな くに 0
9 ひとすぢの日が届きけり浮寝鳥 松太 1 さら紗
10 店開けてゐますと冬を灯しゐる ひとみ 1 かまか
11 鍵盤をフォルテに弾き冬の朝 輝久 1 雅宏
12 居酒屋のフックに並ぶ冬帽子 雅宏 2 さら紗_りつ
13 夫婦とて黙すさびしさ霜の夜 文夫 1 ほしくづ
14 八十の伯母に連れられ薬喰 以と 2 葦たか_政己
15 緩やかに蛇行せし川冬ぬくし ひろし 1 文夫
16 俤や杖と椅子との日向ぼこ 輝久 0
17 啼きかはす丹頂白き息ふたつ さら紗 4 雅宏_輝久_くに_いつせ
18 新暦買うて連休数へけり かまか 2 雅宏_文夫
19 聖誕祭取り戻したき彼のカード くに 0
20 下校児の踏みゆく麦の畝五本 春生 0
21 灯油売りの声響きをり昼炬燵 ほしくづ 0
22 支石墓群の傍に拡ごる冬菜畑 ほしくづ 0
23 日短かを余さず使ひ部屋そうじ 文夫 0
24 畑中を狸うろつく小春かな りつ 1 哲雄
25 往来に木の実踏む音街薄暮 政己 0
26 香煙の絶えぬ冬日の関帝廟 ひろし 0
27 冬ざれの街をLED青し かまか 0
28 富士山の裾跨きゆく神の旅 真紀子 1 ひろし
29 単線の駅のホームや冬ともし 雅宏 0
30 夕映えに貼りついてゐる冬木かな 松太 3 真紀子_以と_ひとみ
31 人よけることうまくなり酉の市 真紀子 0
32 先生の靴下の穴年忘れ 以と 3 葦たか_いつせ_ほしくづ
33 北風や飢餓を画する境界線 哲雄 0
34 冬の夜の即席ラーメン待つ隙間 政己 0
35 わりもなく ケーキで祝ふ聖夜かな かまか 0
36 山晴れて影あをあをと雪の上 りつ 0
37 闇汁や図太き奴がいつの世も いつせ 0
38 山鳥の翔び立つ音かしづり雪 ひろし 2 輝久_くに
39 山茶花や乳鋲錆たる仁王門 葦たか 0
40 而して二勺の寝酒虎落笛 いつせ 3 松太_ひろし_かまか
41 凩の駅裏通り赤提灯 政己 0
42 通夜の家照らし出したる冬の月 春生 0
43 徳川の姫百人の雛道具 ひこばえ 1 輝久
44 吊るされし鮟鱇に風体当たり 松太 0
45 篝火に映ゆる笑顔や除夜詣 雅宏 1 文夫
46 坊ちやんもいつか老人漱石忌 葦たか 2 以と_哲雄
47 釣り糸に鴨の波紋の届きけり 真紀子 0
48 逆上がりして十二月八日の子 春生 2 葦たか_りつ
49 枯蓮に日溜りといふところあり いつせ 3 松太_さら紗_かまか
50 芭蕉忌や祝詞は山河称へつつ ひとみ 0
51 狛犬の口の中まで月冴ゆる 葦たか 1 真紀子
52 娘っ子の好きな祭のひょろけ鬼 ひこばえ 0
53 かいつぶり見てゐて話聞きもらす 文夫 4 松太_政己_ひとみ_いつせ
54 着ぶくれて俵のごとくおはしけり りつ 2 以と_哲雄
55 冬空をよく響かせてプロペラ機 ひとみ 1 りつ
56 スマホ持つ黙の車内や冬の暮 くに 1 ほしくづ