1 長茄子や指を刺したる棘も紺 かまか 1 輝久
2 叢竹の竹あをあをと冬に入る りつ 0
3 枯木立どこより夕餉の煙立つ 一穂 1 哲雄
4 紅葉散る小さなカフェのコンサート くに 1 いつせ
5 空耳に祭り囃子を聞く間借り 輝久 0
6 七七忌庭は紅葉となりにけり さら紗 0
7 くぐり抜け胸に薔薇さく黒セーター さら紗 0
8 秋淋し鼻のすり減る撫で仏 ひろし 2 輝久_くに
9 パン屑を雀にまいて冬籠 松太 0
10 長き夜や沓の形のインク壜 松太 2 いつせ_さら紗
11 点滴に腕を預けて秋日向 新米 1 りつ
12 新米の喜捨を受けるや修行僧 哲雄 2 松太_雅宏
13 ドアノブの銀色鈍き今朝の冬 ひろし 0
14 入相や鳥に残せし柿ひとつ かまか 2 雅宏_葦たか
15 口笛を吹く木枯しのプレリュード いつせ 0
16 晴れ晴れと結納す菊日和 恵三 0
17 一島の蜜柑日和となりにけり 恵三 5 政己_哲雄_りつ_ひとみ_新米
18 冬に入る詩誌を買ふ前句集読み ばふき 0
19 木枯の闇の中なる獣の目 春生 1 以と
20 さくさくと朝日刻めや根深汁 松太 3 政己_輝久_ひとみ
21 炉火絶えていよようたた寝熟したる 一穂 0
22 小春日や鎌で削りて竹とんぼ 輝久 3 政己_りつ_新米
23 文化の日枝雀を笑ふ一人の夜 葦たか 0
24 おくやみの欄に知り人霜の朝 雅宏 1 一穂
25 晩酌の唇刺して隙間風 一穂 0
26 あるときは霧を突つ切り一両車 ひとみ 0
27 誰が色に染まりをりしか吾亦紅 かまか 0
28 一両といふ箱のゆく柿日和 ひとみ 1 さら紗
29 銀杏黄葉子供聞き入る紙芝居 政己 1 ほしくづ
30 蓑虫も聞くや選挙の声高し 哲雄 0
31 ばらばらと夜業の窓を雨の粒 りつ 3 松太_くに_さら紗
32 父親の背なに幼子初紅葉 ほしくづ 1 ひとみ
33 フクシマの新米並ぶ道の駅 葦たか 0
34 浚われて風の衣となり落紅葉 輝久 0
35 野に朽ちし墓を離れぬ蜻蛉かな ひろし 0
36 古本をいくつも束ね小春かな 以と 2 ほしくづ_かまか
37 労働は辛く勤労感謝の日 哲雄 0
38 一茶忌やしばし社の鳩とあり くに 2 哲雄_葦たか
39 藁ぼつち遥かに街を煙らせて ひとみ 0
40 繕へる垣に一輪返り花 りつ 1 雅宏
41 色づきて武将あらわる稲アート くに 0
42 鴨の陣テニスをして居る人等居る ばふき 0
43 切り株のひとつは冬日ひとつ吾 さら紗 3 以と_葦たか_かまか
44 マスクしてマスクの人に近寄らず 恵三 3 松太_一穂_いつせ
45 御殿医の屋敷は廃れ新松子 以と 0
46 只管に沈黙守る冬木立 雅宏 1 新米
47 大烏とまる棟の上神の留守 政己 0
48 草紅葉軍事境界線に燃ゆ いつせ 1 一穂
49 鰭酒や次は一人でしみじみと 新米 0
50 路地裏の赤提灯や初時雨 雅宏 0
51 ビクターの犬のまなざし虫の秋 以と 0
52 晦日来て別かれを惜しむ神還り 新米 0
53 自然薯をリュックに仕舞ひウォーキング ほしくづ 0
54 冬紅葉ういろう買ひし昔かな ばふき 0
55 ほろ酔ひで止める良き酒根深 いつせ 0
56 雲の影野菊の道にかかりけり 春生 0
57 筆塚は苔むしてをり秋深む ほしくづ 0
58 亡き人の魂扁額に秋惜しむ 春生 1 ほしくづ
59 秋惜しむ崩れしままに熊本城 葦たか 0
60 万力の力解きたる秋夕日 政己 3 以と_くに_かまか