1 妻残すあんこも頂く柏餅 新米 0
2 えご咲いて山水里に走りくる 松太 2 ひとみ_新米
3 艪の音を闇に残して鵜舟消ゆ 雅宏 3 ほしくづ_松太_りつ
4 古沼にさざなみ立てる巣立鳥 以と 0  
5 今年また改札口に燕の巣 ひろし 0  
6 投げ渡す足場の鉄骨薄暑光 ほしくづ 1 新米
7 新緑に溺るワインを試飲して ひとみ 1 一穂
8 草笛の上手に吹けて寂しき日 いつせ 5 真紀子_政己_以と_新米_りつ
9 裸婦像の薄き埃や薄暑光 葦たか 1 妻有
10 軍艦島滴るものの何もなし 梅花 0  
11 夫といて今が一番新茶汲む くに 3 雅宏_泉太郎_りつ
12 青嵐世阿弥も流人佐渡ヶ島 妻有 0  
13 さざ波の水田まぶしき柿若葉 りつ 1 松太
14 たまゆらの命ながらへ初鰹 松太 1 以と
15 南から北へ散華の桜かな 真紀子 0  
16 見送りてひと時百合の花に寄す くに 1 朝男
17 天守閣信長ワインの夕涼み 新米 0  
18 目覚めれば潮騒朱欒の花の島 葦たか 0  
19 ぼうたんのいのちのかくもみじかしや 雅宏 1 真紀子
20 たそがれて揺れる芍薬毬のごと くに 0  
21 モロッコの駱駝も見たり朧月 梅花 1 雅宏
22 ていねいに五月の耳を洗ひけり たかし 0  
23 石窯を出て初夏のピザとなる ひとみ 0  
24 鯉の背の細く分けゆく花筏 真紀子 4 ひとみ_泉太郎_一穂_妻有
25 夏場所や屋形船より手を振つて 春生 0  
26 見頃過ぐ藤棚の風なほやさし 朝男 1 真紀子
27 足跡を波消しきれず鷹女の忌 真紀子 1 朝男
28 風薫る友の夫婦の旅路かな 朝男 0  
29 薫風のめくる銀婚誓約書 葦たか 2 ひろし_妻有
30 ちちははの山の雉子の遠音かな たかし 0  
31 薫風や開け放されて空の窓 りつ 0  
32 夏燕元気印の乱舞かな 朝男 0  
33 ババ描くジジ句をひねる鯉のぼり 新米 0  
34 老舗なるホテルへ銀杏若葉かな ひとみ 0  
35 行く春や置き傘のある無人駅 いつせ 2 政己_朝男
36 汐まねきさし潮足を濡らし初む 政己 0  
37 大琵琶の風に泳ぐや鯉のぼり 雅宏 0  
38 登りゆく煙一筋麦の秋 ほしくづ 0  
39 おねだりの大口開くる燕の子 ひろし 0  
40 五歳児の訛り強くて蘖ゆる 一穂 0  
41 花は葉に廃線辿るハイキング いつせ 1 梅花
42 赤飯で五月を祝ふ老い仲間 たかし 0  
43 平凡な暮しがよろし目借時 泉太郎 1 以と
44 富士山の影を崩して田植かな 春生 3 雅宏_葦たか_梅花
45 銀輪を追い越す速度夏燕 政己 1 泉太郎
46 摘んできし苺に朝の光あり 松太 5 葦たか_ひとみ_梅花_一穂_ひろし
47 ふきみそのおにぎりふたつ昼餉かな 以と 1 ほしくづ
48 宴終り残る幹事の花疲 泉太郎 0  
49 あめんぼの池面の空を泳ぎけり ほしくづ 0  
50 大日本帝国憲法青嵐 りつ 1 松太
51 一条の白き大河や夏山河 春生 0  
52 筍は糠まみれなり煮られをり 政己 0  
53 城落ちて茶道は残る利休の忌 泉太郎 0  
54 虎杖は遠きにありてこそ美味き 一穂 0  
55 十日町ゆかしき羅織る機の音 妻有 0  
56 魚沼にこしひかり有り田植歌 妻有 0  
57 遠山はいまだに白し花辛夷 以と 3 政己_ほしくづ_ひろし
58 春暁やネクタイ絞めて渡船場 梅花 0  
59 犬を連れ犬に連れられ薺径 一穂 1 葦たか
60 葉桜や登校の子に深き影 ひろし 0