1 その髪に花のやうなる春の雪 以と 2 妻有_ひとみ_
2 通販にようやく馴れて蛍烏賊 新米 0  
3 淡き恋忍ぶ恋なし猫の恋 真紀子 4 ひろし_くに_いつせ_政己
4 菜の花や行きつ戻りつ渡し舟 雅宏 0  
5 花林檎かなたに見ゆる津軽富士 雅宏 0  
6 せつつかれ句作り疲れ花疲れ いつせ 0  
7 日輪や霾る空をさまよへり りつ 3 松太_雅宏_新米
8 大仏の掌に春の塵果てもなく 政己 0  
9 燕の巣駅に貼られし注意書 ひろし 2 泉太郎_政己
10 白広ぐ津軽に剪定枝の濃き 一穂 0  
11 朝桜雨の雫を抱きをり 春生 3 妻有_くに_りつ
12 おぼろ月甚平鮫があぶく吐き 葦たか 0  
13 張りぼての白象曳くや花まつり ひろし 2 雅宏_いつせ
14 春の子よ野辺はをみなの笑ひ声 政己 0  
15 原発の廃炉となりてかぎろへり りつ 1 朝男
16 春雪や木くずの匂ふ木版画 松太 1 ほしくづ
17 初蝶や木をよけ我をよけて飛ぶ 真紀子 0  
18 歓声に応える富士や風ひかる くに 0  
19 新入生黄傘に少し足見えて 孤月 1 泉太郎
20 幾たびも車窓過ぎゆく花万朶 ほしくづ 1 新米
21 お出かけに猫すがりつく花曇り 新米 0  
22 青空や村いっぱいに目刺干す 泉太郎 0  
23 大島をさらさら縫へば春深し ひとみ 0  
24 うぶすなの土のにほひや卒業歌 以と 0  
25 畑に焚く煙のなぶる梅の花 りつ 0  
26 パドックの若駒ひかる花曇 葦たか 1 ひろし
27 言問の小舟を連れて春の鳥 妻有 3 葦たか_以と_りつ
28 月ヶ瀬の奈落を覗く梅見かな 以と 0  
29 跳ね返り来る朝日や桃の花 朝男 0  
30 真鍮の牛の鼻輪に風光る 松太 1 葦たか
31 避難指示解けてわが家の桜かな 葦たか 0  
32 虎杖や村夕づきて影高き 一穂 0  
33 春の田やふはふは動く鷺の影 いつせ 0  
34 帰宅時の歩ゆるりゆるり夕桜 朝男 0  
35 春愁や行き場なくした軍鶏の声 一穂 0  
36 真っ先に船から見える山桜 たかし 0  
37 老木の化身と紛ふ桜守 春生 4 松太_妻有_真紀子_新米
38 端つこが好き花屑もわたくしも いつせ 2 ほしくづ_朝男
39 御所の庭蝶は鱗粉散らしたる ひろし 0  
40 さくらさくら人なつかしくつづく道 政己 0  
41 道端の泡立つほどの雪柳 孤月 1 一穂
42 桜餅湿りたる葉の香りかな たかし 0  
43 切り株に今も走り根すみれ草 ひとみ 0  
44 花を見るための外出するつもり 春生 0  
45 コミュニティバス行く里や山笑ふ 雅宏 1 朝男
46 陽炎やぬっと出て来る牛の鼻 泉太郎 4 松太_真紀子_くに_いつせ
47 後ろから口笛の音花菜道 たかし 0  
48 春風とゐて切株の席ひとつ 松太 8 葦たか_雅宏_以と_泉太郎_ひとみ_一穂_りつ_政己
49 河川じき桃色にして桜えび くに 0  
50 春の雨母に添ひ寝の姉妹 ほしくづ 0  
51 妹の引く草にアネモネ混じりけり ほしくづ 0  
52 墨の青紫と知る春便り 孤月 0  
53 執念で塀よじ登る猫の恋 泉太郎 0  
54 草抜いて根に付く土もあたたかし 真紀子 0  
55 避難した町も仮屋も花曇り 新米 0  
56 芽柳に倉敷格子いとこまか ひとみ 1 一穂
57 春風や浜町河岸の橋の上 妻有 0  
58 庭先の長きお喋りチューリップ くに 0  
59 ひとひらをひとひらが追ふ落花かな 朝男 5 ほしくづ_ひろし_真紀子_ひとみ_以と
60 小舟漕ぎ千鳥ヶ淵の桜狩 妻有 0