1 流氷や僕らもやがて彼の岸へ 0


2 弥彦の鹿踏みしだく春の泥 1
しほ
あらら
3 たんぽぽの絮日本の隅々へ 1
松太
いつせ
4 五人来て桃の節句のクラス会 1
ひとみ
いつせ
5 雪解水古葉の上を流れ出ず 2
りつ
しほ_くに
6 ここかしこ春のきざしの旅の空 0
あらら

7 まんまんと膨らんでいる雪解川 1
以と
やちよ
8 つんつんと靴先で割る薄氷 1
やちよ
あらら
9 たんぽぽをキスの口して吹きにけり 1
やちよ
ひろし
10 青丹によし奈良の都の春霞 1
りつ
松太
11 巡り来て命育む春の水 0
くに

12 聞き役の友と並びて草の餅 0
くに

13 待春や白鳥は田に汚れつつ 2
りつ
松太_ひとみ
14 つくしんぼ子の落書に子の世界 4
ひろし
やちよ_ひとみ_いつせ_くに
15 紅梅や狭庭温める昨日今日 0
くに

16 病室の窓を彩り春の雪 0
以と

17 稜線の光る浅間や春の雪 1
ひろし
あらら
18 自転車のかごにシャベルと種袋 2
やちよ
松太_りつ
19 春の雪水面に消えてしまひけり 0
あらら

20 風呂焚と言葉を交す朧かな 2
松太
ひろし_りつ
21 木の上の雀にぎやか薄氷 0
あらら

22 朗らかに傘跳び跳ねて春霰 1
しほ
りつ
23 百日の赤子に桃の節句かな 2
ひとみ
以と_しほ
24 春寒し鉄爪砕く競技場 0
ひろし

25 臨月の嫁のお腹が春野かな 0


26 ぶらんこにじ~よじ~よと言はれけり 0
いつせ

27 少女脱ぐ紅きパンプス春野かな 0


28 産土の海のにほひの若布かな 3
ひとみ
ひろし_以と_くに
29 料峭や畦にこぼれてゐる油 0
いつせ

30 さざなみに揺れゐて蜂のむくろかな 1
松太
やちよ
31 紅梅の咲いて整ふ狭庭かな 1
しほ
以と
32 雪雲を貫んとて摩天楼 2
以と
しほ_ひとみ
33 鳥帰る砥粉塗られしやうな空 0
いつせ