1 山程もしたいことあり朝寝かな 秀昭 1 冬菊
2 囀りや逃げ出す雀の扇形 ばふき 0
3 一湾の光となりて鳥帰る 文夫 6 秀昭_春生_暦文_すずめ_風の鳥 _りつ
4 梅散れど香りほのかに漂いぬ 花水木 0
5 朧夜の海へくづるる仁王島 0
6 髪を切る音軽やかに春の風 冬菊 3 百合_ひろし_秀昭
7 無住寺に賽銭の音彼岸かな 川面 1 風の鳥
8 梅日和仕切りはみ出す葉物売り すずめ 0
9 歯磨きを終へて漱ぎの水温む 雅宏 0
10 ひと回り水に踊りて雛流る りつ 4 ひとみ_雅宏_すずめ_風の鳥
11 箸休め旬の旨さの菜花かな 照代 1 雅宏
12 屹立の千年杉や伊勢参り 雅宏 0
13 鳥の声峠に春を肯ひぬ いつせ 2 丁_ばふき
14 佐保姫のかけ足風のカフェテラス ひとみ 3 花水木_いつせ_雅知
15 霜焼けの指を見ているバイトの子 森本哲雄 0
16 術前の夜の長さよ春の月 花水木 1 りつ
17 風音を聴き競漕のオール引く ひろし 0
18 晩霜や月を残せる松の先 1 百合
19 温暖化気にせぬ世界山笑う マッキラ棒 0
20 雪空を凧のごとくにはぐれ鳥 冬菊 1 暦文
21 目標の一つ諦め二月尽 暦文 0
22 野辺の草となりてはこべら仏の座 りつ 0
23 リハビリに踏み出す一歩桜咲け 花水木 0
24 赤子抱くやうに雛を納めけり 3 百合_照代_文夫
25 春眠の色あざやかや夢なごり 照代 0
26 春の来て魚にまぶすてんぷら粉 風の鳥 0
27 飼主を見失ふ犬山笑ふ 春生 1 雅知
28 自転車に乗つて往診桃の花 百合 5 秀昭_春生_照代_一竿_暦文
29 春風や淡きピンクのパステル画 ひろし 0
30 軒にゐて濡るるや風の春しぐれ ひとみ 0
31 豊川や3里くねりて春奏で マッキラ棒 0
32 旋回のドクターヘリや鳥曇 雅宏 1 以と
33 朧夜のシテは床板踏み鳴らし 松太 3 ひろし_文夫_ばふき
34 下萌や喜寿の財布に宝くじ 暦文 2 哲雄_一竿
35 モザイクのごと切手を貼って花便り 以と 0
36 休校の三角ベース山笑ふ すずめ 1 ひろし
37 書き上げし会心作や山笑ふ 一竿 0
38 白魚の目ばかり目立つあはれなり いつせ 0
39 梅が香に清き水汲み寺参り 森本哲雄 0
40 花馬酔木風にゆれてはほろほろと 以と 0
41 春泥や傾いてくるダンプカー 百合 1 以と
42 整然と春の霰の落ちにけり 一竿 0
43 春の泥真紅の花を一つのせ 百合 0
44 びつしりと虫の卵の枯れ木かな 冬菊 1 松太
45 あたたかやバックオーライのはずなのに 以と 0
46 古き刻鳴らす時計や木の芽和 いつせ 1 ひとみ
47 小さき手に小さき宝や紙雛 川面 1 花水木
48 春空や子らはジャングルジムの上 ひろし 3 雅宏_文夫_花水木
49 鳥帰る気配のみえぬ風の向 川面 0
50 杭ひとつ包める水輪春近し 秀昭 0
51 うららかや山盛りの魚値切る声 春生 1 照代
52 野に山に雫のボレロ春の唄 マッキラ棒 0
53 住職と世間話や桜餅 森本哲雄 1 春生
54 春風にめくれる婦人画報かな 松太 3 以と_いつせ_ばふき
55 アスファルト割りて菜の花咲きにけり 風の鳥 0
56 笹鳴や走る親子へ川の風 すずめ 0
57 古草や対岸までは渡れさう ばふき 0
58 いくたびも庭に出る日々春立ちぬ 風の鳥 1
59 半眼の細き眦冴え返る りつ 0
60 果てしとも果てしなきとも枯木立 秀昭 1 雅知
61 うつむいて春眠の人崩れざる ひとみ 4 冬菊 _哲雄_いつせ_丁
62 笹鳴や花びら餅の餡透けて 文夫 3 松太_ひとみ_すずめ
63 連山の萌黄に満ちて笑ふかな 照代 0
64 四国への早割キップ二月尽 暦文 0
65 このところ特につれなし恋の猫 松太 2 冬菊 _りつ
66 針箱に妻の旧姓木の芽張る 文夫 1 一竿
67 鶯や大橋からの眺望だ ばふき 0
68 姉が吹き弟が追ふしやぼん玉 春生 1 松太
69 八朔や添削の句を妻に見せ 一竿 1 哲雄