1 ひと時の賑はひ残し鳥帰る 森本哲雄 2 凡士_ひろし
2 人肌の恋しき春のコロナの禍 風の鳥 0
3 うぐひすの声遠くから近くから 松太 2 雅宏 _すずめ
4 ふるさとの匂ひ田起し着々と 文夫 0
5 格子戸に春雨傘をたたみけり ひとみ 0
6 丸太橋渡りて青き踏みゆける 百合 1 さび猫
7 にんげんに壊す楽しみ薄氷 秀昭 1 いつせ
8 ランドセルデビューの朝の花吹雪 せいち 1 ひろし
9 花満ちて海より青き島の影 4 百合_秀昭_ひろし_りつ
10 山笑ふ海も応じて凪にけり 凡士 0
11 遠方に芽木と芽木ではないものが ばふき 0
12 春日傘午後の陽気の街に咲く 凡士 0
13 幼子の髪結い上げし春祭 花水木 2 文夫_丁
14 5G亀鳴くものと録るを待つ マッキラ棒 0
15 画用紙をはみ出してゐる桜かな 6 百合_凡士_冬菊_以と_すずめ_りつ
16 連なりて房染めいくや花馬酔木 祥風 0
17 深海の目ン無きものも春届く マッキラ棒 1 諸子
18 五六本土筆を摘んでみたものの 以と 3 松太_秀昭_ひとみ
19 原稿はなかなか書けず桜餅 森本哲雄 0
20 逃げ水を追い行く父の歳越えて せいち 2 さび猫_ばふき
21 亀鳴くやわかりあへずに人逝きて さび猫 0
22 行き過ぎし時の深さや沈丁花 諸子 0
23 峠道下れば土筆背伸びして 祥風 0
24 蜃気楼ケーキ屋さんは定休日 ばふき 0
25 囀や鼻をぬけゆく芥子和 りつ 0
26 罪になる程ではなしと透けるシャツ 諸子 0
27 春の水牧場の中を流れゆく 百合 0
28 初恋や発車のベルのけたたまし 諸子 0
29 春の海のたり首なが竜寝落つ すずめ 0
30 むしる葉にローズマリーの香りかな 一竿 0
31 長生きの薬の手酌夕蛙 松太 1 ひとみ
32 犬ふぐり雲の向かうに虚空あり さび猫 0
33 春眠の続きの顔で膳につく せいち 0
34 暁に染まる鳥いる桜かな 風の鳥 0
35 バス停も校舎も桃の花の中 暦文 2 百合_文夫
36 初蝶の影がほつりと水の上 百合 0
37 今まさにたのみの綱や菖蒲葺く りつ 1 松太
38 揚雲雀そのかたはらに昼の月 暦文 2 ひとみ_花水木
39 新築の床に爪とぐ仔猫かな 雅宏 0
40 しほさゐは息するごとし夕桜 1 哲雄
41 子どもにも妻にもはぐれご開帳 松太 0
42 朧夜の舟屋の灯りたゆたふと 凡士 3 雅宏 _諸子_一竿
43 花疲れ空中回廊あきらめる ばふき 0
44 ありがとうメモを机に卒業す 祥風 0
45 閉店の貼り紙に買ふ桜餅 ひろし 1 哲雄
46 むらさきは亡き母の色花衣 ひとみ 0
47 葉を剥がし頬ばつてゐる桜餅 冬菊 0
48 村ひとつ色にうづめて花杏 暦文 3 松太_以と_花水木
49 伸びをして出かける猫や三鬼の忌 文夫 5 哲雄_諸子_丁_すずめ_ばふき
50 人影の消へし上野の花の昼 風の鳥 1 一竿
51 飲食は花降る岸辺尉と嫗 すずめ 0
52 思秋期の過去もありけり姥桜 マッキラ棒 0
53 トラクターの父に手を振り入学す 以と 3 冬菊_いつせ_ばふき
54 コロナ禍をよそに満ち咲く桜かな 雅宏 0
55 座礁せしものもありけり花筏 文夫 1 一竿
56 桜咲くビル群の裾かくすほど ひろし 0
57 年輪に東西南北山笑ふ 秀昭 1 文夫
58 おもむろに墨磨る春の愁かな 以と 1 秀昭
59 田の川の土手に潜むやいぬふぐり 一竿 0
60 春袷若き弟子らに慕はれて ひとみ 0
61 にぎにぎの指ほどくかに楓の芽 すずめ 0
62 突風に春の時雨を浴びせられ 一竿 0
63 春愁の掻き混ぜてゐるスプーンかな 冬菊 3 凡士_以と_りつ
64 薫風や生家にのこる柱傷 秀昭 3 さび猫_雅宏 _いつせ
65 笹鳴や猫の見上ぐる梁あたり 冬菊 0
66 行く春や終の棲家を決めかねて 花水木 0
67 行く春やいまウイルスに腰を据ゑ ひろし 0
68 高速の渋滞緑の週間 花水木 0
69 ふらここに伸びてはちぢむ影法師 りつ 2 丁_花水木
70 ライオンを襲ふ蛙の目借時 雅宏 1 冬菊
71 春暖や関節痛の軽くなり 森本哲雄 0
72 春寒や地球の隠す月明かり さび猫 0