1 さつくりと天地返さん豆ご飯 以と 6 冬菊_丁_ひとみ_諸子_すずめ_正文
2 夏夕べ湖水しづかに燃えにけり 0
3 はや薄暑試飲のビール二杯飲み 凡士 0
4 かわせびの色のつぶてとなりて飛び 諸子 4 凡士_一竿_りつ_百合
5 袋掛フェリー航き交ふ瀬戸の海 雅宏 2 風の鳥_ひろし
6 夏来る迷走服のバイクかな 郁乎 0
7 たんぽぽや宇宙飛行士になるといふ すずめ 3 以と_いつせ_郁乎
8 潦に白き花ある立夏かな 百合 0
9 髪切って風のなかゆく柏餅 すずめ 2 秀昭_照代
10 春の色三つを並べ串団子 松太 1 ?雅宏
11 菖蒲の湯負けず嫌いの祖父と孫 暦文 1 風の鳥
12 白きもの靡くベランダ夏に入る ひろし 0
13 囀りの森を黙して歩みけり 風の鳥 1 花水木
14 二つづつ買うてしあはせ大夕焼 いつせ 0
15 渓谷を走るトロッコ新樹光 雅宏 1 照代
16 塵取に花屑の嵩落ち着かず 秀昭 1 ばふき
17 信玄の狼煙の山や鯉幟 春生 2 丁_暦文
18 天を指す指より雫灌仏会 風の鳥 1 凡士
19 マネキンの帽子目深に夏木立 花水木 1 郁乎
20 春眠や大御仏のたなごころ 冬菊 3 風の鳥_りつ_いつせ
21 つつじ燃ゆ陶の狸のとぼけ顔 文夫 4 哲雄_ひろし_ばふき_花水木
22 父の剥く豌豆早速夕餉に出 ばふき 0
23 花冷えにおっととっとと躓けり 一竿 0
24 吾子の名を肌着に記し軒菖蒲 以と 3 春生_暦文_ひろし
25 竹秋や罹れば吾れは重症化 いつせ 0
26 目覚めたる命が一つ初蛙 さび猫 2 ひとみ_りつ
27 マニュキュアを黒く染めたる立夏かな 郁乎 0
28 甘藍や隠し味にはチーズかな ばふき 0
29 夏来る五歳の初の逆上がり ひとみ 0
30 制服にアイロン掛けや更衣 ひろし 0
31 結願といひて御室の遍路かな 凡士 1 一竿
32 新コロナ思えば優し春の風邪 風の鳥 0
33 くれなゐにくれなゐ重ね落椿 りつ 0
34 春眠の雲の上より大寝言 冬菊 0
35 倒木の幹に吹き出す木の芽かな 正文 2 ?雅宏_松太
36 溶岩のやうな入り日や放哉忌 冬菊 1 一竿
37 世はデマに振り回されして四月尽 いつせ 0
38 世紀末めく人の世や鳥巣立つ 春生 0
39 海風を遊ばせてゐる浴衣かな 5 以と_冬菊_春生_すずめ_百合
40 校舎から反射の光麦の秋 松太 0
41 風に乗り懐かしき声初蛙 さび猫 0
42 歩道標花片こぼれて渡りけり 諸子 0
43 足元の木の葉跳ねたり初蛙 さび猫 1 哲雄
44 薔薇香るころやシルクを縫ひあげて ひとみ 1 秀昭
45 サイレンに混りし声や猫の恋 一竿 1 諸子
46 雨粒を運びくる風夕牡丹 百合 0
47 若鮎のごとき動きや新体操 森本哲雄 1 文夫
48 花は葉に学園駅に声弾け 秀昭 1 いつせ
49 花びらや地に触れてまた運ばるる りつ 0
50 我に似た兄の遺影に柏餅 暦文 0
51 花咲いて平家の歴史が残る村 森本哲雄 1 照代
52 匂ひ立つ新緑行くや鼓笛隊 ひろし 0
53 千枚の折り紙鶴に菖蒲葺く 花水木 0
54 転校の空を仰ぎて揚雲雀 秀昭 1 暦文
55 蕗の薹の茎立ち蕗の葉の隣 正文 0
56 木登りの天辺にゐる愛鳥日 春生 0
57 新樹の香ローカル線のぶらり旅 照代 2 文夫_正文
58 母の日や祝ひ祝はれ嫁姑 照代 1 ?雅宏
59 列車待つ単線の駅四葩咲く 花水木 0
60 悪疫や空を游がぬ鯉幟 諸子 1 文夫
61 鬼瓦二羽の小雀ぺちやくちやと 正文 1 百合
62 若葉光壺を担ぎし女神像 文夫 1 哲雄
63 ことごとく書棚たわみぬ春埃 以と 1
64 草笛や勉強ぎらひは親ゆずり 松太 2 秀昭_諸子
65 初夏燕目的物を捉えたか ばふき 0
66 幾たびも貨車の音とほる木下闇 0
67 ただいまと駅は常宿初燕 暦文 0
68 払暁に臆面もなく戯れ猫 一竿 0
69 捨て舟の沈む卯の花腐しかな 雅宏 5 以と_冬菊_春生_正文_郁乎
70 座布団を動かぬ猫の目借時 森本哲雄 0
71 筆塚をさらりと撫でて夏柳 百合 2 すずめ_松太
72 草の香の湯気もうもうと粽かな りつ 3 凡士_ひとみ_松太
73 塔頭の生垣低し初夏の雨 文夫 2 ばふき_花水木
74 ブラウスにコロン洒落込む街薄暑 照代 0
75 賀茂祭傘に草履のわが子かな 凡士 0
76 家事もまた愉し好みの単衣着て ひとみ 0
77 春の田や離れて即いて二羽の鷺 すずめ 0
78 ジェラシーのをんなの如く水盗む 郁乎 0